10 | 2017/11 | 12
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

yokosukachild

Author:yokosukachild
私達は子供を放射能から守りたい保護者や市民が集まり、情報交換や勉強会、お茶会などを開催しているボランティアの集まりです。
お茶会開催の連絡などが欲しい方は、メールフォームよりご連絡ください。

「子どもの未来を守ろう 横須賀」の活動の運営資金は会員が自費でまかなっています。
私たちの活動にご賛同頂ける皆様、よろしければカンパによるご支援をよろしくお願い申し上げます。

【カンパ受付口座】
口座名義:子どもの未来を守ろう横須賀

【ゆうちょから振り込む場合】
記号 番号:10260-42101991

【他銀行から振り込む場合】
銀行名:ゆうちょ銀行 
店番:028
預金種目:普通
口座番号 4210199

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成24年第4回定例会 本会議報告

平成24年第4回定例会12月14日 本会議報告
~横須賀市議会のHPより~


「12月3日教育福祉常任委員会 委員長報告」

請 願

教育福祉常任委員会(PDF:137KB)

20121214-1.jpg

20121214-2.jpg

無会派 藤野議員 採択
公明党 室島議員 関沢議員 採択
無所属クラブ 嘉山議員 採択
(実施の方法、コストをこれから分析していただきたい。実施することに関しては採択)

研政 長谷川議員 不採択(会派で意見がまとまらず)
新政会 伊藤議員 不採択(意見一致できなかった)
ニューウィング横須賀 上地議員 不採択(東電の責任、東電に求めるべき。自治体の範囲を超えている。)
自由民主党 高橋議員 不採択



「平成24年(2012年)第4回市議会定例会本会議」(12月14日)

教育福祉常任委員長報告(請願)
ただいま議題となりました平成24年請願第13号及び平成24年請願第14号につきまして、教育福祉常任委員会における審査の経過と結果を報告します。
委員会は、12月3日の会議において、関係理事者から所見を聴取して、質疑を行いました。
主な質疑を申し上げますと、平成24年請願第13号 保育園給食放射線量測定の実施については、
本市における測定検査未実施及び他の自治体における測定検査実施に対する見解、
本市において測定検査を実施する場合に想定される費用及び検査方法、
学校給食食材と流通経路が異なる食材のみに対する測定検査実施の可能性、
安心のための保護者への情報提供のあり方についてであります。


平成24年請願第14号 ティボディエ邸再建については、市民の協力を得た再建の必要性、
再建に向けた関連部署との協議の状況、
再建による集客促進と重要文化財としての価値との優先順位、
内部を資料館にすることに対する見解についてであります。」


審議結果

提出議案等議決結果(PDF:233KB)

検査に賛成反対かどうかの一覧↓
提出議案等議員別賛否(PDF:684KB)


賛成
署名議員3名
無会派 山城保男議員共産党 ねぎしかずこ議員 無会派 小林伸行議員 

無会派 藤野英明議員 1名 
共産党 大村洋子議員井坂新哉議員 2名
無所属クラブ 神保浩議員 矢島真知子議員 はまのまさひろ議員 嘉山淳平議員 永井真人議員 5名
公明党 室島真貴子議員 岩沢章夫議員 鈴木真智子議員 土田弘之宣議員 石山満議員 関沢敏行議員 6名



反対
研政・ニューウィング横須賀・自由民主党・新政会の20名 

退席不在
研政 長谷川昇議員 
ニューウイング横須賀 一柳洋議員 の2名




請願審議結果(PDF:81KB)

陳情審査結果(PDF:78KB)

報告(PDF:58KB)


本来であれば、重要議案に実施される「記名投票」が保育園給食検査の請願にて実施されました。

なぜ「記名投票」をしてくださったのかについて横須賀市議会事務局に確認しました。


*記名投票について

本会議前に「事前調査」をします。
こちらの議案や請願についてどうですか?と。
賛成と反対人数がかなり拮抗していることが今回は予想された。
これまで、ここまで請願で拮抗するような例があまりなかったため正確を期すために実施した。

賛成が多い場合、人数カウントに時間がかかりその間、起立させて議員を待たせてしまうことにもなる、
正確を期すために「記名投票」とした。

*票決の際、議員が退室することの意味について

退室する状況というのは、その方自身に確認しないとわからないが、という前置きのあとに
会派を組んでいていて、本来は同じ考えで会派を組むわけで、通常同じ意見を通すことになる。
賛成でみんな起立しているところ、一人着席という状況は考えにくく、会派の意向と違うという理由で退室はある。
会派は賛成、自分はどうしても反対、そのような時にはずすことがある。

かといって、会派全員離席もなく、必ず決着を付けるのが議会。
(Q、10人離席とか、票を操作するために可能ですが、実際にありますか?)


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。