10 | 2017/11 | 12
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

yokosukachild

Author:yokosukachild
私達は子供を放射能から守りたい保護者や市民が集まり、情報交換や勉強会、お茶会などを開催しているボランティアの集まりです。
お茶会開催の連絡などが欲しい方は、メールフォームよりご連絡ください。

「子どもの未来を守ろう 横須賀」の活動の運営資金は会員が自費でまかなっています。
私たちの活動にご賛同頂ける皆様、よろしければカンパによるご支援をよろしくお願い申し上げます。

【カンパ受付口座】
口座名義:子どもの未来を守ろう横須賀

【ゆうちょから振り込む場合】
記号 番号:10260-42101991

【他銀行から振り込む場合】
銀行名:ゆうちょ銀行 
店番:028
預金種目:普通
口座番号 4210199

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来年度の保育園給食を思うなら今!

市内保育園の保護者の方に、メール大切なお話しを伺う機会がありました。


横浜保育園検査でレンコンから検出された結果を受けた保育園での提供見合わせという対応を受けて、その保護者の方は、横須賀市子ども育成部保育課に以下のお願いをしたそうです。



他市の給食検査で検出された情報を、園と保護者両方に情報発信して欲しい
保育課から各園に出されている毎月の「園へのお便り」を保護者にも情報公開して欲しい


↓クリックで拡大します。
20121213横浜保育園給食れんこん検出


また、保育園には以下のような問い合わせをしたそうです

横浜市の給食検査でレンコンから検出されて使用見合わせになったが、うちの園では今後レンコンの使用は継続するのか?
レンコンの頻度を減らしたり、同じような食物繊維と歯ざわりのゴボウなどで食材やメニューに工夫をすることは可能か?
さつまいもは、西日本が産地の金時系が適している献立(例えばスイートポテトなど)にしたり、12月以降は北海道産かぼちゃが主流になるのでかぼちゃを使ってメニューに一部代替することは可能か?


さて、その結果はどうだったのでしょうか \(^▽^)/


~以下、その保護者の方からのメールです~

---- メール転載ここから ------

保育課のみなさんや保育園の園長先生には早速ご対応いただき本当に感謝しています。

保育課のみなさんも園の先生方も、子どもたちのことを考えてくれています。配慮もしてくださっています。
請願は通りませんでしたが、保護者の声に対応してくれることも多くあります。

心配されている保護者のみなさんや、保育園関係者のみなさんも、
心配や不安は、具体的な要望にして、ぜひ保育課に届けてみてくださいね。

みなさんの一人一人の声が子どもたちの安全安心につながっていきます。

こども育成部のみなさんも、きっと、耳を傾けてくださると思います。

こども育成部保育課 メール: nca-cfr@city.yokosuka.kanagawa.jp 
          電話: 046-822-9728


--- メール転載ここまで ---



請願で否決されても保育園給食検査は可能

    
過去に小児医療費助成の対象年齢も、陳情しても通らず、後に少しづつ対象年齢が繰り上り現制度へと変化したそうです。
その時に要望し続けてきた市民の方々がいます。
医師会や市議からも声があがりました。

小児医療費助成(1歳から小学校就学前のお子さんが入院外来対象、小学校就学後から中学卒業までのお子さんは入院対象)


今、私たちの最大の望みは
「保育園給食検査のために、来年度に450万円の予算を確保していただけること」


市では予算編成の真っ只中。
おそらく、これから来月にかけて予算編成、2月中には確定して、3月の本会議で最終承認される。
来年度の予算を決める今の時期、「こども育成部」に、なるべく多くの声が届くことが必要です。

来年度の給食内容を今より、安心できる食材で提供してもらえるようにできることを願うなら。

      「今」請願否決ということのときこそチャンスです。

例えば
横須賀在住ママのプチアクション



--- twitterからの転載ここから(素敵だったのでご本人の了解を得た上でアップさせていただきます) ---

本日のダイエー汐入店の野菜の品揃え。徳島産鳴門金時は千葉産さつまいもより100円安い。パワポでキレイな資料がつくれなくても、園や教育委員会と交渉する材料は身の回りに転がっている。手にした情報を如何に使うか。時間をかけなくても写真一枚でコストと入手が簡単なことを相手に伝えられる


保育園給食が気になっているお母さんは、献立がいつ誰によって決められているか、確認するといい。献立が決まってから変えてもらうのは大変。ほぼ無理。献立が決まる前に、決めている時に、決める権限のある人に言わないと駄目


例えば、うちの子どもの私立認可園は、来年度の一年分の献立をまさに今、決めている。決めているのは園長でも園の栄養士でもない。東京の「本部」の人間だ。来年4月になって園長にあれこれいっても無駄なのだ。


公立保育園も同じだろう。各園の園長や調理スタッフが毎月献立をたてているわけではない。「本部」にあたる子ども育成部が献立をたて、各園がそれに従っている。役所も私立も年末の今から年度末にかけて、来年度の活動や予算編成が行われている。決まってからでは物事を変えてもらうのは大変。今です。


さつまいもは金時にしてほしい、12月からは北海道カボチャが多く出回るので、さつまいもの頻度を減らしてカボチャで代替してほしい、レンコンは引き続きつかわないで、給食検査はいつ始まるの、給食検査はなぜやらないの、給食検査の結果はどこで確認できるの?、、、要望をだすのは、「今」なんです


公立保育園の献立は、多くの私立保育園の参考メニューになっています。また、公立保育園の情報は私立保育園と交渉するのに非常に効果的に使えます。だから私立保育園の保護者も自分の園だけでなく、市にも要望を出すことが効果的なのです。保育園に限らず小学校の情報も使えます。他市の情報も使える。


写真には載っていませんが、ダイエー汐入店に九州のレンコンたくさんおいてありました。平戸ロマンも常時おいてあるみたい。御値段はごく普通。


--- twitterからの転載ここまで ---
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。