08 | 2017/09 | 10
-
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

yokosukachild

Author:yokosukachild
私達は子供を放射能から守りたい保護者や市民が集まり、情報交換や勉強会、お茶会などを開催しているボランティアの集まりです。
お茶会開催の連絡などが欲しい方は、メールフォームよりご連絡ください。

「子どもの未来を守ろう 横須賀」の活動の運営資金は会員が自費でまかなっています。
私たちの活動にご賛同頂ける皆様、よろしければカンパによるご支援をよろしくお願い申し上げます。

【カンパ受付口座】
口座名義:子どもの未来を守ろう横須賀

【ゆうちょから振り込む場合】
記号 番号:10260-42101991

【他銀行から振り込む場合】
銀行名:ゆうちょ銀行 
店番:028
預金種目:普通
口座番号 4210199

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[横須賀]本会議ご報告 「保育園給食放射線量測定の実施について」否決 


本会議のご報告とお礼


請願13号:「保育園給食放射線量測定の実施について」は否決されました。

「横須賀市自治基本条例について」の請願6件も否決、「ティボディエ邸再建について」が決議されていました。
本会議の傍聴者数は29名、平均的な傍聴数は20~30名くらいとのことです。


午後4時過ぎに、保育園給食の請願の番になりました。

一柳議員(ニューウイング横須賀)と長谷川議員(研政)が退席され、計38名の議員で投票をしました。
救急箱をラッカーで塗ったような箱に、賛成なら白札を、反対なら緑札で投票。
投票が始まった時、もしかしたら?と、開票してカウントする手元を、祈るような思いでみていました。



当初、賛成予定は18名で、反対予定は22名でしたが、
投票結果は、賛成18名、反対20名と、2票格差。

賛成で起立してくださったのは、

紹介議員をお引き受けくださった、
無会派 山城保男議員 共産党 ねぎしかずこ議員 無会派 小林伸行議員 3名ほか、

無会派 藤野英明議員 1名
共産党 ねぎしかずこ議員・大村洋子議員・井坂新哉議員 3名
無所属クラブ 神保浩議員 矢島真知子議員 はまのまさひろ議員 嘉山淳平議員 長井真人議員 5名
公明党 室島真貴子議員 岩沢章夫議員 鈴木真智子議員 土田弘之宣議員 石山満議員 関沢敏行議員 6名


反対は、
研政・ニューウィング横須賀・自由民主党・新政会の20名 

退席により不在

研政 長谷川昇議員  ニューウイング横須賀 一柳洋議員 の2名



請願提出されたことがある方はご存知かと思いますが、
請願のおおよその結果は、随分と前に会派の意向として教えていただくことができるため
心づもりはしているものの、教育福祉常任委員会の時も、
今日の本会議でも、もしかしたらって、幾度も、幾度も思う日々でした。



あのような票の動かし方は、私にとっては予想もしていなかったことでした。

その気持ちだけでもとても嬉しかったこと、
これまで多くの方々に御協力いただいてここまでたどり着いたこと、
昨年から、ずっとご支援くださってきた方たちのこと、
あんなにお忙しい中署名に御協力いただいたけれども、結果を出すにはいたらなかったこと、
幼い子どもさんを持つ保護者の方が、寝る間を削りたくさんの資料を作成してくださってきたこと、

いろいろなことを思い出した一瞬でした。




保育園給食検査についての請願は否決されても、
請願を審議してくださった過程はとても貴重なものでした。


今後長期に渡るであろう、放射能汚染からの影響からこどもたちを、
また、市民が守られるよう向き合い続けてくださることを期待したいです。



さっそく、教育福祉常任委員会あと、横須賀市からの通知が保育園を通じて通知されています。

保護者宛に、プリントが配布されたのは、ミルクの検査結果一覧と、横須賀の小学校の給食検査結果です。
さっそくの、通知配布、どうもありがとうございます!
(後日アップ予定です)


すでに、小学校の多くでは使用見合わせしている食材が、いまだ使用されている、
検出されやすい食材や産地のものが使用されている、
産地情報が公表されていない、
産地を確認することさえ、気遣ってできない、

そんな保護者からの声を多く聞きます。
ぜひ、そのような声にも寄り添った対応を期待しております。




みなさま、どうもありがとうございました。


2012年12月14日
[記:請願提出者]
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。