10 | 2017/11 | 12
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

yokosukachild

Author:yokosukachild
私達は子供を放射能から守りたい保護者や市民が集まり、情報交換や勉強会、お茶会などを開催しているボランティアの集まりです。
お茶会開催の連絡などが欲しい方は、メールフォームよりご連絡ください。

「子どもの未来を守ろう 横須賀」の活動の運営資金は会員が自費でまかなっています。
私たちの活動にご賛同頂ける皆様、よろしければカンパによるご支援をよろしくお願い申し上げます。

【カンパ受付口座】
口座名義:子どもの未来を守ろう横須賀

【ゆうちょから振り込む場合】
記号 番号:10260-42101991

【他銀行から振り込む場合】
銀行名:ゆうちょ銀行 
店番:028
預金種目:普通
口座番号 4210199

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

請願提出のご報告

2012.12.02 18:27|未分類
【横須賀市議会】保育園給食検査の請願の傍聴について
*議案が34本、請願が2本、議題に上がっているとのこと、午前中の審議ではなく午後、午後で終わらなければ翌日の予備日という可能性もあるとの情報をいただきました
 ↓ (12/3 10時~からというのは委員会の開始時間になります)(11/29)


12/3(月)10時~「教育福祉常任委員会(予決算分科会)」にて10人の議員さんたちで審査してくださいます。
それを受けて、12/14(金)本会議にて決定します
傍聴は、9時半~9F議会事務局の受付にてお声かけください。


          


請願提出者より


みなさま「保育園給食放射線量測定検査についての請願」を、1318筆の署名とともに賛同者と一緒に提出してまいりました。
今回の請願提出にあたり、ご支援ご協力いただきどうもありがとうございました。




署名を通じて、心配されている方がこんなにもいたこと、
早期の検査を切実に願っている多数の保護者と保育園園長さんの声を聞き改めて実感いたしました。

事故後すぐに、様々な働きかけをしてきてくださった保護者や園、市民の方々。
未だ、保育園によって干し椎茸、きのこもふつうにでている。
お弁当持参を希望しても断られる園も。
こどもをみてもらっているから働ける、という立場で産地確認さえしにくいこと。
理解を得ることが難しそうな園に要望を伝えることは、こどもと園との関係が心配で、黙っていること。
理解があっても、最近、意識が薄まっているので心配なこと。
事故後の、無対応、無理解に苦しみ悩み移住されたご家族もいました。



20121216.jpg


                   



現時点では、日常的にある程度配慮しながら食べることで数ベクレルも食べていないことがわかってきました。
新潟県の日常食検査結果、過去との比較横浜市保育園給食検査結果 より)

しかし、チェルノブイリ事故後、数年後に内部被ばく値がグッと上昇した事実は忘れることはできません。
意識が薄まり、忘れる頃に、冷凍や保存されている汚染食材流通の有無は、測定しない限りわかりません。
今後、流通が優秀な日本のどこにいても、行政や市民による継続的な測定は大切であり、必要なことだと思います。


                         



すでに、私たちは事故直後に事故由来の放射性物質の影響を受けているのではないでしょうか?
残念ながら、横須賀では5μsv/h=0.5ミリレムと、自然界に存在する量より50倍を測定したとstars and stripe(スターズ&ストライプ紙)にて報じられています。

ストライプ紙
3/15 AM7時、横須賀の空母ジョージワシントンで5μsv/h感知
新宿より高い値だったことが報じられています。



5μsv/hの数値について、恐らく「瞬間最大」だったのかもしれない、
だから、私たち横須賀市民には何も知らされていないのかもしれない。

横須賀市役所からの仮訳~3月15日午前7時頃、ジョージ・ワシントン搭載の高精度測定器が微量の放射能を感知~ )


ベースの中では自宅待機が推奨され、2歳児か3歳児以下の子どもがいて希望する家族には本国への一時避難をサポート。
希望者にはヨウ素も配布されていました。
基地にお勤めされている方からは、基地内は、ゴーストタウンのようだったと聞きました。

実際、1ヶ月くらいみんなアメリカ本国に帰っていたため、ベース家族の通園者が多い園において、
日本国内の情報や対応格差に戸惑いを覚えた、
早くに現状に気づけたという園長先生のお話が記憶にあります。

ベースでは全員WBCを受けることができ、日本人妻や子どもも希望すると受けることができました。


この5μsv/hの日、どこで何をしていたのか?
この日は晴れていて、みんなノーマスクでふつうに学校に行っている子も多かった日。
マスクを使用していてもガス状のヨウ素には効果がないとのこと。
影響は、大人より、こども、男より女と、性差や臓器ごとにも違います。


ヨウ素被ばくの影響については、横須賀市の場合、10年間でこれまでより3人のこどもがガンになる確率が高くなったこと。
横須賀でさえ、+3人なら、もっと汚染の著しい地域の確率は深刻なことが予想されます。

□資料:事故初期におけるヨウ素131被曝について(横須賀、横浜
15日ダストとガス状成分を考慮し、かつ水道水+食品
(大人3月合計でI131を1000Bq摂取と仮定)
(資料提供:核物理学者のtwitter@study2007 さん)



残念なことに、注意していたつもりでしたが、昨年のこどもの尿検査ではセシウムが微量検出されました。
今年受けた甲状腺エコー検査結果は、1~2mm前後の小さな嚢胞が、一人のこどもには10箇所、もうひとりには8箇所ほどありました。
ふたりのこどもの甲状腺ホルモン検査結果は若干高くなっており、医師には代謝が活発な子どもの値としては標準範囲以内、事故後の影響とは無関係と説明を受けております。
元来、健康な子どもの検査結果が多数存在するわけではないため、比較するデータもないとのこと。



予防的に、できるだけ、可能な範囲でこの先こどもたちの過ごす環境を整えていくこと。
私たち親にできること。
一緒に考えていただけたらと思います。



親としては、これ以上の内部被ばくを重ねたくないこと、
家庭の事情で、内部被ばく対策に格差があることから、
せめて、給食だけでも、安全であるものを提供できるよう市での取り組みをしていただきたいと切に願っております。



こどもの医療費助成制度についても、
ゆくゆく健康に影響が考えられる場合は、対象年齢や対象疾患などのご検討もいただく必要がでてくるかもしれないのではと(アレルギーが増えたとか、日常的かつ継続的治療が必要な疾病)考えたくないことですが・・・・


  
                 


今回、議員さんにお願いする中で、

この検査は絶対必要だよね、と話してくださったり、賛成ですよ、署名議員になりますよ、とお力になってくださる議員さん。

幼稚園は心配ないですか?とお聞きしてくくださった議員さん。
 
横須賀では、内部被ばくはないから心配していない、みんなどの議員も心配していない、と現状を率直に教えてくださる議員さん。

汚染されたものを食べたからって、少しの量で問題ないのに、このようなことをするから風評被害が広がるのではとの議員さん。
(確かに、基準値内ですと生産者の補償がないこと、深刻な問題です)


得ている情報が様々ですから、考え方がいろいろなのかと思います。
ネットにつながっていない方にも、ぜひ、実際に受けた影響についてだけは知っていただきけたらと思います。


保育園給食検査実施の有無にかかわらず、横須賀で暮らしていく以上私たち保護者たちは情報交換をしながら、今後もできることについて模索し取り組んでいこうと思っております。


まずは、請願提出にあたりご支援いただきましたこと、みなさまに深くお礼申し上げるとともに、引き続きご理解ご支援のほどお願いいたします。
 

[請願者からの手紙を掲載したものであり、「子どもの未来を守ろう 横須賀」としての見解ではないことをご了解ください]



横須賀市議会での審査・傍聴


12/3(月)10時~「教育福祉常任委員会(予決算分科会)」にて10人の議員さんたちで審査してくださいます。
それを受けて、
12/14(金)本会議にて決定します


傍聴は、9時半~9F議会事務局の受付にてお声かけください。


*前回の教育福祉常任委員会の傍聴は定員を超えて会議場に入れませんでしたので、
会議場にて傍聴を希望される方は少し早めに市役所9階の市議会事務所にいらした方が確実です。

時間が遅くなってもロビーのような部屋で見ることが出来ます。

横須賀市民でなくても、ぜひ!
お子様連れ、ベビーカーでもロビーでの傍聴なら大丈夫です。



こどもたちの未来のために横須賀ではどのようなお話し合いがなされるのか傍聴してみませんか?




 
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。