10 | 2012/11 | 12
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

yokosukachild

Author:yokosukachild
私達は子供を放射能から守りたい保護者や市民が集まり、情報交換や勉強会、お茶会などを開催しているボランティアの集まりです。
お茶会開催の連絡などが欲しい方は、メールフォームよりご連絡ください。

「子どもの未来を守ろう 横須賀」の活動の運営資金は会員が自費でまかなっています。
私たちの活動にご賛同頂ける皆様、よろしければカンパによるご支援をよろしくお願い申し上げます。

【カンパ受付口座】
口座名義:子どもの未来を守ろう横須賀

【ゆうちょから振り込む場合】
記号 番号:10260-42101991

【他銀行から振り込む場合】
銀行名:ゆうちょ銀行 
店番:028
預金種目:普通
口座番号 4210199

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【横須賀市】「子育て中のママとシニア世代の交換塾」

「子育て中のママとシニア世代の交換塾」

おじいちゃんおばあちゃんたちと、若いママたちが意見を交換し交流するという企画です。
今は核家族化が進み、シニア世代と若い子育て世代がなかなか交遊する場がなく、お互い、別のくらしをしているように思います。でも、地域には、経験を積んだ素敵なシニアの方がたくさんいらっしゃいます。
もし、その方たちが子育てに少しでも関心を持ってくれれば、素晴らしいことだと思いませんか!

日時:11月27日(火)10時~14時
場所:横須賀商工会議所1階
参加費:500円
昼食は各自持参
託児:先着30名
プログラム
1部 「百万母力で地域をつなげよう!」講師 藤本裕子氏
2部 シンポジウム 行政・企業・お母さん
3部 ランチ交流会
4部 グループワーク
主催:お母さん大学横須賀支部
後援:横須賀市

申し込みや問い合わせなどは kiyomi3754@yahoo.co.jp まで(@を小文字に変えてください)

チラシはこちら
スポンサーサイト

【横須賀市】「災害時の障害児の支援を考える」

「災害時の障害児の支援を考える」

日時:12月5日(水)13:30~16:00
場所:ヴェルク横須賀
講師:福島県いわき市ほうとく幼稚園園長 生駒恭子氏
    勤務先n幼稚園で東日本大震災を経験し、
    子どもたちと保護者のケアをおこなってきた実際の体験談のお話です。
定員:200名 参加費:無料
申し込み:横須賀市コールセンター 046-822-2500
主催:横須賀市こども育成部こども青少年支援課

【横須賀市給食】みそとだし用鰹節の産地

2012.11.24 10:29|横須賀市給食情報ページ
問い合わせた結果です。

<みそ>
大豆の産地:青森
米の産地:北海道、青森県、岩手県、秋田県、山形県、宮城県、新潟県、長野県、
埼玉県、栃木県、茨城県、千葉県、神奈川県、静岡県、岐阜県、滋賀県、
群馬県、富山県、石川県、福井県産のいずれか。
その時の仕入れ状況により異なる。
メーカー実施(同じ原料を使用したみそ)の検査結果:放射線量不検出
(検出限界値20Bq/㎏)

<だし用かつお節>
産地:鹿児島県
メーカーの製品検査結果:セシウム134、137合計 検出限界未満
(検出限界13.9 Bq/㎏)

<だし用昆布>

使用していません

【逗子・葉山】ちびマモ -こどもの未来を守る@逗子葉山-様主催 お茶会

ちびマモ -こどもの未来を守る@逗子葉山-様主催 お茶会 のお知らせです。

日時:12月9日(日)午後13時~15時

場所:小坪公民館 和室(詳しくはこちら

ゲスト:横浜市民測定所でご活躍のママさん

参加ご希望の方は、chibimamozuyo@gmail.comまで

横須賀市給食の福神漬の産地について

【横須賀市】給食の福神漬 の産地

 だいこん:茨城県、栃木県、新潟県
 なす:埼玉県
 れんこん:茨城県
 しょうが:長崎県
 なた豆:栃木県、徳島県
 しそのは:愛知県
 ごま:鹿児島県

だそうです。
(うちの子供が福神漬が好きなので問い合わせてみました)
茨城県のレンコンが使われていますね・・。
微量かもしれないですが気になるといえば気になります・・。

神奈川県各市の給食食材検査結果 @sonar_jp 様作成 より

I131 Cs134 Cs137の順

綾瀬 2012/10/09 れんこん 茨城 - 4.9 10.0 (Ge)
厚木 2012/09/12 れんこん 茨城※9/11の再測定 - <3.00 7.00(<3.00) 民間検査機関(Ge)
厚木 2012/09/11 れんこん 茨城 <2.88 4.29(<4.25) 6.27(<4.56) ATOMTEX社製AT1320A(NaI)
厚木 2012/02/20 れんこん 茨城 <3 4 7 日本海事検定協会
相模原 2012/01/12 れんこん 茨城県土浦市 <0.8 2.9 4.3 相模原市衛生試験所
藤沢 2012/01/11 れんこん 茨城 <3 <3 4 (株)エヌ・イーサポート(Ge)
横浜 2011/12/02 れんこん 茨城県土浦市 <3.0 6.4 8.8 日本海事検定協会

【飲食店情報】レストラン&カフェ コア(横浜市)

2012.11.19 23:18|飲食店情報
レストラン&カフェ コア

ベクレルフリーランチ&キッズプレートあり


神奈川県横浜市都筑区中川中央一丁目25番1号
ノースポート・モールB2F

レストラン&カフェ コア
Lunch Time 11:30~14:30
Cafe Time 14:30~17:00(土日祝のみ)
Dinner Time
(平日) 17:00~21:00(Last Order 20:30)
(土日祝)17:00~22:00(Last Order 21:00)

TEL:045-914-7507

【飲食店情報】Boulangerie Bon appétit(ブーランジェリーボナペティ)(綾瀬市)

2012.11.19 20:51|飲食店情報
Boulangerie Bon appétit(ブーランジェリーボナペティ)

綾瀬市にあるパンやさん。→2012.11.28で閉店、2013.1に横浜市南区に移転オープン予定だそうです。
材料をちゃんと測定していますし、産地にも気を配られています。
以下HPより抜粋

--------------

国産材料に対する放射性物質の測定について


 全材料を検査することは、当店のような小さな店には難しいことです。しかしながら主要材料に関しては、民間の測定所に依頼して測定していただき、検出限界がだいたい5Bq以下でピークなしのND(不検出)になったものだけを使用しています。
それ以外の材料は、国産であればできるかぎり関西以西もしくは北海道産を使用しています(綾瀬産高座豚、青森産にんにくなど一部例外もあり)。

◇測定済み材料◇
 国産小麦(北海道産)・(北海道および九州産のブレンド)・(北海道産全粒粉)
 鶏卵(青森産)
以上すべてND

 測定していただいた材料の中で、牛乳(山梨産)と脱脂粉乳(北海道産)につきましては微量ながらもセシウムが検出されたため、現在、脱脂粉乳は使用せず、牛乳は九州産のみを使用しています。

--------------

綾瀬市寺尾釜田1-20-16 (P 有り)

   TEL 0467-79-5308

 営業時間

   火・水・金 10:00~18:00

   土      10:00~15:00

 定休日

   日曜・月曜・木曜・祝日

【請願】保育園給食放射線量測定検査についての請願

保育園給食放射線量測定検査についての請願


請願・署名提出は明日!
11月16日(金)午後4時 横須賀市役所 1F 売店側ロビーに集合します。
この時、
署名をしていただくこともできます。
署名をご持参いただける方もお待ちしております。

東京新聞の取材が入る予定です。

みなさま、どうぞよろしくこ願いいたします



※7-11のネットプリントのプリント予約番号【97982029】で署名用紙が印刷できます!

汐カフェさんMONSTYLEさんコミュニティCafeおりょうにおまかせに署名用紙を置いていただきました。ありがとうございます!

 おりょうにおまかせでは、木曜日に横須賀市芦名の新鮮お野菜を届けてもらっています。
       とうがん、水菜、食用菊(黄色と紫色)などがありました。ほか、三重県産卵にさつまいもなど
       季節の収穫物をおすそわけ価格にて店頭販売中♪(種類はその日による)

       

請願提出者より:わたしたちは  


横須賀で子どもを産み、育てていきたいと思う、横須賀市内在住の保護者・市民です。


自然豊かな横須賀で、安心してこどもをゆったりとした気持ちで育てていきたい。



今、事故後の影響で一般の流通品や給食からセシウムが検出されるようになり、
測定しなくてはわからない現状があります。
関東在住のこどもたちの尿からもセシウムは検出されるようになりました。
参考サイト:けいとううさぎ

こどもの内部被ばくを心配するママ達は、
お弁当つくりや産地を気にかけ、パパたちも独自に調べて情報提供を重ねたり。
個人でできることは、取り組んできました



この状態を長年続けていくことに大きな負担感と不安を持っています。
すでに、西日本に移住された家族も横須賀には多くいます。

         
横須賀では、定住化施策のために力をいれて、家を建てる時には補助金が出たり、子育て家庭には「すかりぶ」というおもしろいサービスも。



子育て世代が安心して横須賀に住み続けるためには、個では解決しようのない、放射能対策についても、ぜひ、一緒に考えていただき対応をしていただけることを望んでおります。

その思いを正式に届けるために、同じ思いの保護者で相談し、請願を横須賀市議会第4会定例会に提出することにしました。




これから多くの方にご理解いただきながら、署名を集めることを通して、こどもをとりまく食についても一緒に
考えてくださることができたらと思っております。
どうぞ署名のご協力お願いいたします。


                  


       保育園の放射能対策



横須賀市のこども育成部保育課では、事故後タイムリーに保護者の不安によりそって丁寧な対応を重ねてくださいましたことについて、深く感謝しております

よこすかシンポジウムでも、こども育成部保育課 高木課長みずから登壇し、保育園における放射能対策についてお話してくださいました。(以下、よこすかシンポジウム配布資料より抜粋)





kodomoikuseibu.jpg


~上記保育課配布資料より抜粋~


5.放射線対策(給食関連以外)

1)3月15日 市内の空間放射線量が一時的に上昇したが、通常レベルに低減した旨を通知
2)3月24日 23日に上下水道局逸見総合管理センターの水道水から、国の指標値以下
  (41.4ベクレル/㎏)ではあるもののヨウ素131が検出されたことを受け、保育園に貯水パックを配布
3)4月11日~ 乳児のいる家庭に貯水パックを配布
  (※粉ミルク対応用)
4)6月~7月 保育園、幼稚園の園庭等の放射線量測定
5)11月~12月 保育園、幼稚園の側溝、排水桝等の放射線量測定

6.放射線対策(給食関連)

1)保護者の不安等に配慮して、飲用水、弁当持参の要望について、園の判断で対応可とする旨周知
2)8月11日 認可保育園における給食食材の調達状況に関するアンケート実施
 ・給食食材の産地を確認し記録することを依
 ・保護者からの求めに応じて適切な情報提供ができるよう体制整備などを依頼
3)10月19日 公立保育園で、一部地域において暫定基準値を超える放射線量が検出されている
 「干しシイタケ」の使用を見合わせることとしたことを通知
(4)12月6日 明治粉ミルク「ステップ」からセシウムが検出されたことと、その対応について通知



よこすかシンポジウムで高木課長から


      0から5歳のこどもは19,250人
            +
       小学生は 22,074人 
            + 
        中学生は 23,473
            + 
         成人あわせて = 横須賀市人口は423,864人 

さらに、


保育園通園児 3,957人 + 幼稚園通園児 6,897人 = 10,854人

ほか、家庭保育のお子さん 8,396人 


ですから、横須賀市全体の人口割合からすると、保育園のお子さんの人数割合はとても少ないのが事実。



それでも!
高木課長は、


横須賀の高齢化率は26.25%へアップ(2012年10月1日現在)しているなか、人口割合からいくと、保育園のこどもたちの人数割合は少ないけれども、とても大切な存在で、大切に育てていきたいというお話をしてくださったのです!

       
最後に、市議会に提出された請願についてとして、
(3月13日:教育福祉常任委員会にて請願提出された市民測定所の請願についてもお話いただきました。





食をとりまく環境、こども自身ではどうにもできません。
それでも、大人を信じて、笑顔でうれしそうに給食を食べています。

家庭などの個人の努力では、こどもの内部被ばくからの影響について守りきれるものではないと、事故度一年以上立ち、痛切に感じます。



個で解決しようのないことについて、どうかお力になってくださいますよう願っております。


                  
               

請願署名のお願い

請願署名期間11月2日~13日(火)
請願〆切 11月13日(火)15日まで延長
提出日 11月16日(金)


汐入駅前の芸術劇場と同じ建物1Fに横須賀市立市民活動サポートセンターがあります。サポートセンターには、市民活動を支援する私書箱のような仕組みとして「レターケース」があります。この「レターケース27番宛」、具体的には、下記郵送記入例を封筒に書いてお送りください。

なお、「レターケース27番」には署名用紙の予備もありますので、ダウンロードできない方、印刷できない方は是非ご活用ください。サポートセンターについて、不明な点は、受付でおたずねになれば教えてくださいます。

(郵送記入例)
〒238-0041 横須賀市本町3-27 市民活動サポートセンター
レターケース 27番

 「署名係」宛  

(個人情報のためFAXは受け付けておりません。必ず封書にて、レターケース27番にお願いいたします。直接サポートセンターへ持参し、受付にてレターケース27番にと伝えていれてくださっても結構です)


 
署名依頼文


Asyomeiiraibunblog.jpg





署名用紙

syomei.jpg



請願の内容




資料① 横須賀近隣自治体の保育園給食検査体制


資料② 給食からセシウム・市場流通品の安全性は?内部被ばく

hoikuenkyuusyokutaisei.jpg

shiryou4.jpg

shiryou3.jpg



【横浜市】保育園給食における一食まるごと累積線量調査 測定結果



横須賀市議会での保育園給食検査についての審査は横須賀市議会「教育福祉常任委員会(予決算分科会)」">横須賀市議会「教育福祉常任委員会(予決算分科会)」
にて
2012年12月3日 (月曜日)10時~からとなります。


こどもたちの未来のために横須賀ではどのようなお話し合いがなされるのか傍聴してみませんか?

 

                  

※問い合わせはメールフォームよりお願いいたします。

署名あとのワンアクション!

2012.11.16 16:52|未分類
署名あとのワンアクション!


 今回、請願提出にあたり、請願内容や資料一式を、市長を始め、副市長、市議会議員全員と、関係部署(こども育成部保育課、市民部危機管理課、教育委員会、保健所など)へお渡ししております。


 保育園の給食食材は、各園の近くのスーパーや個人商店、
それから生協などから調達されていることがほとんどです。

つまり、保育園児童以外の市民のみなさんも普通に買い物して日常的に食べている食材の
検査にもなり、広く市民のみなさんにも検査結果を役立てることができます。

保育園の保護者以外の方も、食に対する不安や疑問をお持ちの方は
保育園給食検査実施に向けて、市政に声を届けてくださるとうれしいです。



 横須賀の保護者個々のお声(何に困っているのか?心配なのか?例えば、不安になるような食材使用されていることなど、どのような検査や対応をしていただくと安心して通園できるようになるのかなど)ぜひ、届けていただけたらと思います。

残念ながら、働いているために日中声を届けたり要望を伝えることがしにくいこともあり、今では検査の始まっている横浜でも当初、「保護者からの要望はない」とされてきました。しかし、声をたくさん届けることで変化しました。

横須賀市も同様に、声が少なければ、ニーズがないと、とられやすいのも事実です。
せっかくみなさまからいただいた署名を無駄にはしたくありません。
ぜひ、保育園給食検査実現に向けて、できる形で一人一人が、声を届けてみませんか?

ふつうのママやパパの、ふつうの心配を伝えるということが、実はとても大切なんです!


忙しくても声を届けることができる方法はいろいろ

*横須賀市役所に電話してみる。
 横須賀市代表046-857-4000


*こども育成部保育課に電話やメールをしてみる。
 046-822-9728  nca-cfr@city.yokosuka.kanagawa.jp
 窓口でも丁寧にお話を聞いてくださいます。

*横須賀市へ提案メールをしてみる 
 E-Mail:goiken@city.yokosuka.kanagawa.jp

*陳情・請願は署名がなくても提出できます⇒横須賀市HP陳情・請願へ


 
*横須賀市へ手紙を書く。「目安箱」が市役所や行政センターに。
横須賀市HPより
「ご意見・ご提案は、市の施設や主な金融機関に備えてある「よこすか市政への提言」(専用の便せん・封筒・切手不要)でもお受けします。
また、市役所の本庁舎案内所や行政センター、役所屋の窓口に設置してある「目安箱」に投書を入れることもできます。

担当:市民部市民生活課
電話番号:046-822-8114 /ファクス:046-821-1522」




すでに・・・
ママパパは頑張ってきたのですが、限界だったわけですから、
ここは、もう、市民の強い味方である、そしてこどもたちのことを考えてくださる議員さんたちに、思い切ってお願いをしてみましょう!正式に公のお話し合いをしていただけるようお願いする方法のひとつが「請願」です。
市民からの要望が少ないことについて、人や予算を使うことは財政難の横須賀、難しいとなってしまいます。


*横須賀市議会では「教育福祉常任委員会」の10人の議員さんたちで、この請願内容について審議してくださいます。
すでに、審議当日12月3日(月)には、担当課などから事情をご確認してくださったり、会派ごとにお話し合いの上でとなります。

もし、地元の議員さんや、相談しやすい議員さんがいらっしゃる場合には、ぜひ、放射能対策への日頃の心配や不安、検査を要望されている理由や、どんな検査体制を必要としているのか、ご相談してみてください。


教育福祉常任委員会(定数10名、現員10名)

「12月の市議会で、この請願について審議を行ってくださる教育福祉常任委員会の横須賀市議さんたち」

委員長:杉田 惺 議員(新政会 久里浜)

副委員長:大野忠之議員(自由民主党 佐原)

委員(名前順):伊藤順一議員(新政会 平作)

上地克明議員(ニューウイング横須賀 浦賀)

嘉山淳平議員(無所属クラブ 長井)

関沢敏行議員(公明党 ハイランド)

高橋敏明議員(自由民主党 東逸見))

長谷川 昇議員(研政 長坂)

藤野英明議員(無会派 若松町)

室島真貴子議員(公明党 三春)


「教育福祉常任委員会の市議さんの他にも、多くの市議さんたちや市議会事務局のみなさまなど、
関連各位のみなさまのご理解ご協力の元に、この請願の審議、決議が行われます」


最後に、傍聴♪

12月3日(月)教育福祉常任委員会(予決算分科会)10時00分~



傍聴のご案内

日時▽2012年12月3日 (月曜日)10時~
場所▽市役所本館第1委員会室(10階)
傍聴人数▽10人(30分前の時点で定員を超えている場合は、抽選を行います。)
傍聴の申し込みは、委員会当日の60分前から30分前まで受け付けますので、市役所北口の市議課事務局(9階)まで

(前回、多数いたため入室できない方は、ふかふか広めソファーのお部屋でTVモニターで傍聴した。
実は傍聴席のほうがキツキツです。)

【給食】さつまいもと栗のタルト

11月度給食に使用予定の「さつまいもと栗のタルト」。
産地が気になり教委に問い合わせしたところ
(さつまいも)茨城
(くり)愛媛
(米粉)山形


続きを読む >>

【横浜】医師 肥田舜太郎氏 講演会(パルシステムのイベント情報)

肥田先生の体調不良により中止になったそうです(11/26)


医師 肥田舜太郎氏 講演会
『3.11以降』を生きぬくためのメッセージ


日時:  12月3日(月) 10:30~13:00
会場:  新横浜ユーホール 金子ビル2F (JR・横浜市営地下鉄「新横浜」駅より徒歩5分)
定員:  100名(応募多数の場合抽選)
参加費: 無料
保育:  3名(1名 組合員750円 ・ 一般1,750円 4ヵ月~未就学児)
      ※子ども同伴不可
締切:  はがき11月16日(金) / WEB・FAX11月23日(金・祝)
WEB:  こちらのフォームからお申込ください
FAX:  専用用紙を下記電話までお問合せください
はがき: ①企画名 ②申込№ ③所属センター ④組合員番号 ⑤名前(ふりがな) ⑥電話番号 ⑦〒住所 
       ⑧保育の有無<子どものなまえ・性別・年齢 生年月日(西暦)>
       ※一般の方は「一般」とご記入をお願いいたします
       あて先> 〒222-0033 横浜市港北区新横浜3-18-16 新横浜交通ビル3F
               パルシステム神奈川ゆめコープ 組合員活動支援部
主催:  生活協同組合パルシステム神奈川ゆめコープ
問合せ: 地域活動支援課 電話045-470-6863(月~金10:00-17:00)

高濃度セシウム含む「路傍の土」フライヤー

2012.11.15 10:54|情報紹介
高濃度セシウム含む「路傍の土」フライヤー(No!放射能 「東京連合こども守る会」さま作成)

雨や風によって寄せ集まった土や泥(「路傍の土))はセシウムがかなり高濃度になっています。
そのことをわかりやすく説明されたチラシです。
園長先生や学校の先生に渡すのにちょうどよいチラシです!

_1.jpg

_2.jpg



●●●●○ 高濃度セシウムに汚染された「路傍の土」情報 ○●●●●(No!放射能「東京連合こども守る会」)

【給食】10月度産地予定と実績の照合

2012.11.13 15:47|横須賀市給食情報ページ
10月度食材産地。横須賀市HPより。実績が公開されたので照らし合わせてみました。
赤文字は変更のあったところ。
線で消していないところは追加、消しているところは中止。

*穀類
米 平成24年度千葉・神奈川

*野菜・果実類
じゃがいも 北海道
さつまいも 千葉
だいこん 北海道・千葉
にんじん 北海道
たまねぎ 北海道
小松菜 群馬
ほうれん草 群馬
キャベツ 群馬・神奈川
はくさい 長野
きゅうり 神奈川・茨城・宮崎
いんげん 沖縄・長崎
ピーマン 茨城
長ねぎ 北海道・新潟・山形
もやし 栃木
たけのこ 福岡・熊本
パセリ 長野・茨城
にんにく 青森
しょうが 高知
こんにゃく 群馬
みかん 長崎・愛媛

*肉加工品
ハム (豚肉)千葉・群馬・栃木・茨城・新潟
ベーコン (豚肉)デンマーク

*水産物
かじき 太平洋
いわし 和歌山
さんま 北海道
さけ 北海道
えび ベトナム
いか 青森
わかめ 徳島
のり 横須賀走水
ちくわ (スケソウダラ)北海道

*牛乳及び乳製品
牛乳 神奈川・千葉・栃木・山梨
調理用牛乳 神奈川・千葉・栃木・山梨
脱脂粉乳 ニュージーランド
生クリーム 北海道・岩手・千葉・栃木
ヨーグルト(ヨーグルトあえ) (脱脂粉乳)北海道
ヨーグルト (脱脂粉乳)北海道・シンガポール・オランダ

*卵類
たまご 横須賀市武山・千葉

*その他
コーン 北海道
マッシュルーム 岡山
しめじ 長野
グリンピース ニュージーランド
ももゼリー  (もも)山形・岩手・青森
りんごゼリー (りんご)山形・青森
ぶどうゼリー(ぶどう)山形

【飲食店情報】Monstyle(横須賀)

2012.11.13 14:22|飲食店情報
Monstyle

monstyleで提供しているものは、
野菜、無農薬野菜、三浦野菜を使用
お米は無農薬の玄米、雑穀米をブレンド
油はオリーブオイル、米油、菜種油、
調味料も厳選して使用しております。

お菓子に使用する小麦粉は、北海道産の小麦粉
白砂糖は一切つかいません。きび糖、甜菜糖、はちみつ、メープルシロップのみ。
ケーキに使用しているフルーツはオーガニックのものを使用しております。(ブログより)

ブログに営業日やメニューの情報が載っています。

〒238-0004 神奈川県横須賀小川町19小川ビル1F
Phone 046-821-5888
Open 12:00 - Close 21:00 (水曜日、日曜日は18:00まで)
定休日 月曜日

【飲食店情報】North Plain Farm(鎌倉)

2012.11.12 16:15|飲食店情報
North Plain Farm鎌倉

「北海道のあずきとミルク」をコンセプトに、北海道産素材にこだわりつつ、歴史のある鎌倉らしく和のテイストも取り入れたお店となっています。(HPより)

牛乳ソフトクリーム 350円
お小豆さんソフトクリーム 350円
おこっぺ牛乳 350円
のむヨーグルト 350円 など

ノースプレインファーム鎌倉 ぎゅう舎
  鎌倉市小町2-12-27鶴ケ岡会館1F
  営業時間 10:30~17:00(水曜定休)
  TEL 0467-84-9179


ノースプレインファーム緑園ではランチもできます!

ノースプレインファーム緑園   
 〒245-0002 神奈川県横浜市泉区緑園7-1-4  
 TEL 045-814-4261               
 営業時間
    平日:10:00~  17:00ラストオーダー
    土・日・祝:10:00~ 18:00ラストオーダー  
 定休日 火曜日

※HPからも購入できるそうです。→ノースプレインファーム

テーマ:湘南・鎌倉
ジャンル:地域情報

【横須賀市】11/18「地震から子どもを守る防災セミナー」

11/18「地震から子どもを守る防災セミナー」

COOINGさまのサイトより

〔目的〕
2011年3月11日に発生した東日本大震災及び原発事故では、小さいお子さんを持つご家族も多く被災されました。巨大地震やそれに付随する過酷な人災がいつどこで起きてもおかしくなく、被害を最小限度にとどめるための備えや心構え、生き延びるための知恵は不可欠です。小さな命を守るため、今できることを一緒に学んでみませんか。

〔日程〕2012年11月18日(日)13:00~15:00

〔場所〕横須賀市産業交流プラザ 第1研修室
    (JR横須賀線横須賀駅から徒歩8分、
     京浜急行汐入駅から1分、駐車場あり)

〔対象〕
  マタニティ~3歳までのお子さんをもつご家族を中心に50名
  (※赤ちゃんと一緒にご参加できます。1歳以上の託児あり)

〔講師〕 
○あんどうりす氏(アウトドア流防災ファシリテーター)
阪神大震災被災体験とアウトドアの知識を生かした防災・防寒コーディネーターとして、全国で講演活動を展開。ママの視点に立った実践的な内容が好評。NPJ認定ファシリテーター。
○園田正世氏(NPO法人だっことおんぶの研究所理事長)
ふじのくに防災士。子どもをだっこやおんぶすることの大切さを伝え、だっこやおんぶに関する様々な分野の研究をするために設立されたNPOの理事長を務める。2010 年より乳幼児をもつ家族を対象とした防災セミナーを全国各地で開催。

〔内容〕
最先端のアウトドアノウハウを利用した命を守るための危機管理能力の取得方法の伝授と必要最小限度な道具の紹介、介護にも使える力のいらない古武術を使った救出方法、子どもを連れて逃げる為の抱っこやおんぶの知恵(さらしなど身の回りのものでだっこおんぶする方法)、簡易オムツの作り方等の解説。

〔託児について(無料)〕
1歳以上のお子さんをお預かりします(先着順)。
準備の都合上、11月10日〆切とさせていただきます。
託児は子育て支援の達人、NPO法人ワーカーズ・コレクティブキッズポケットさんにお願いしています。
〔お申し込み方法〕
メールまたはFAXにて受付。
 ①お名前
 ②お住まいの市町村
 ③連絡先(連絡のつくメールもしくは電話番号)
 ④参加人数(大人○名、子ども○名)
 ⑤お子さんの月齢もしくは年齢
 ⑥託児希望の有無(1歳以上限定)
をご記入の上、申し込み下さい。万が一、お申込日より5日以内に受付完了の返信がない場合は、お手数ですが再度ご連絡を願いします。

 
◆メール cooing2012@yahoo.co.jp
◆FAX 046-828-3132
   ※FAXの方は必ず下記のあて先をご記入ください。
  「横須賀市立市民活動サポートセンター 
   レターケース41番 COOING」宛

〔後援〕 横須賀市
〔主催〕 COOING
       
※本セミナーは「神奈川県社会福祉協議会・地域福祉(ともしび)推進助成金」を受けて実施しています。

神奈川県の市民測定所

2012.11.01 11:28|神奈川県・市民測定所
横浜市民測定所 2012.3.5オープン
横浜市磯子区

相模原市東林間(ちゃんぷーる)

ラリチェッタ(座間市)

New厚木市民測定所
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。