08 | 2012/09 | 10
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

yokosukachild

Author:yokosukachild
私達は子供を放射能から守りたい保護者や市民が集まり、情報交換や勉強会、お茶会などを開催しているボランティアの集まりです。
お茶会開催の連絡などが欲しい方は、メールフォームよりご連絡ください。

「子どもの未来を守ろう 横須賀」の活動の運営資金は会員が自費でまかなっています。
私たちの活動にご賛同頂ける皆様、よろしければカンパによるご支援をよろしくお願い申し上げます。

【カンパ受付口座】
口座名義:子どもの未来を守ろう横須賀

【ゆうちょから振り込む場合】
記号 番号:10260-42101991

【他銀行から振り込む場合】
銀行名:ゆうちょ銀行 
店番:028
預金種目:普通
口座番号 4210199

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【給食】10月度産地について質問など

10月度産地(予定)公表をうけて、いくつか学校保健課に質問メールをしてみました。

・さつまいも・・千葉県
千葉県のどのあたりのものか質問。

食品の放射能データ検索
で千葉 サツマイモで検索しますと、何点か数ベクレルで検出されています。

さつまいもは鹿児島が生産量ナンバーワンだそうです。

さつまいもはセシウムが検出されやすい食材です。
検出されやすい食材(みかん・栗・さつまいも・小麦・お茶・しいたけ・たけのこ・・など)は西日本産のものにしてもらえると安心感が全然違うのですが・・。

・走水ののりを一度事前検査してほしい。

・まるごと検査、牛乳も混ぜての検査ということですが、一度でいいので牛乳以外のまるごと検査をしてもらえないか、要望。


・麦の産地がどこか質問。

・みかんは長崎でした。西日本のものにしていただきありがとうございます。



-----------
さつまいもについて追加

千葉県におけるサツマイモの生産及び品種・種苗供給の現状と課題(千葉県農林総合研究センター)より

県北東部に位置する下総台地(通称、北総台地)に主産地があり、県全体の80%以上が作付けされている

だそうです。

種類別食品の90Srと137Cs濃度
スポンサーサイト

(再掲載) お茶会“スペシャル版”のお知らせ・お誘い

2012.09.24 15:36|当会主催のイベント
お茶会“スペシャル版”のお知らせ・お誘い


みなさま、暑い夏をお元気でお過ごしでしょうか。
8月にお休みしているお茶会を、9月は“スペシャル版”で開催するお知らせです。
まず、場所・時間は下記の通りです。

●日時:2012年9月25日(火)12時~14時
●場所:本町コミュニティーセンター 第2会議室(総合福祉会館6階)
http://www.yokosuka-shakyo.or.jp/shakyo/annai.html 
●参加費:300円

お昼の時間にかかりますので、各自昼食持参でランチしつつ・・と考えております!!
部屋の定員が36名のため、定員になり次第入室をお断りする場合がございます。


みなさま気になる、なぜ“スペシャル版”かといいますと、“スペシャルゲスト”がいらっしゃるからです!!
どんな“スペシャルゲスト”か気になる方、これまで参加しようかなぁあと思いつつ躊躇されていた方、この機会にぜひぜひご参加ください。
途中入室・退室、お子さん連れもOKです。なお、参加者のみなさまに頂戴する参加費は、ゲストの方の交通費などにあてさせていただきます。


☆スペシャルゲスのヒント★食品をはじめとするさまざまなモノの放射能測定をされていて、大変ご活躍されている方です☆


なお、定員が36名となっております。
当日定員を超えた場合、入室をお断りする場合がございますので、ご了承くださいませ。


~Hot memo~
■こどもみらい測定所 25日夜「ぶっちゃけどうなの?放射能」Ustream番組 7時頃~
 26日 こども放射能教室 空間線量や食品や土壌を子どもたちと一緒に測定し学びます
■横浜市民測定所 YCRMS セシウム合計66Bq/kgの全粒粉を使ってパンを焼いたら、パン1枚は何ベクレルになるの?  結果はHPでご確認くださいねヾ(*´∀`*)ノ
■フードベース23 セシウム70Bq/kgを超えるうどんをゆでたらどうなるの? 椎茸をゆでたら?
 セシウム検出されている柑橘でマーマレードをつくってみたら?などHPにて公開中☆
■群馬県藤岡市のひかり保育園や、愛知県のたけのこ幼稚園は園長自ら、放射能の測定機械を購入。
 日々測定し安全安心な食材を園児に提供、情報発信中です♪素晴らしい取り組みですよね♡
 コーンフレークとか、普段よく使う小麦粉など身近な測定結果を確認できます(*´∀`*)
  ・・・ 『食品測定所』でインターネットで検索GO!身近な食材情報が豊富!・・・

被ばくのリスク評価

2012.09.20 01:06|リスク評価
(評価日を時系列に掲載させていただきました)

2012-07-28

三浦半島における放射線情報 (tokokのブログ)

 ■事故直後の関東各地における内部被ばく評価 (2011年3月15日から3月28日までの吸入摂取)
 ■IAEAに所属するカナダの研究者N.D.Priest氏論文の翻訳をしてくださっています
 ■外部被ばくおよび大気中の放射性物質吸入による内部被ばく預託実効線量)、
さらにヨウ素摂取などに伴う甲状腺に対する等価線量を、インターネット上に公開されている情報を元に福島 県を除く関東・東北の各県の成人について見積もっている
■内部・外部被ばく線量の合計値は、成人に対する実効線量で茨城 0.40 mSv、栃木 0.22 mSv 、群馬 0.15 mSv
  の順となっており、5県が0.1 mSvを越しています。いずれの県も日本の一般公衆に対する年間線量限度 1 mSv  を越しておらず、またICRPの避難基準 年20 mSvも越さなかったというのが、この論文の結論

 ■横須賀の子どもの被ばく ~高めの値の横須賀市浦賀中学校モニタリングポストより~

 <内部+外部被ばく合計 >     <甲状腺等価線量>
  
0~1歳:130μsv/h       2.0msv
 1~2歳:224μsv/h       3.5msv
2~7歳:200μsv/h       3.4msv
  7~12歳:184μsv/h      3.0msv
  12~17歳:160μsv/h     2.5msv
  17歳以上:129μsv/h      1.8msv

  
twitter▽Toru Matsumura@tokok



2012-09-05

米国防総省「Operation Tomodachi Registry」(オペレーション・トモダチ・レジストリ)

■2011年3月12日から同年5月11日までの2カ月間を対象に、米軍施設などがある13カ所における被ば く線量の推計
■ウェブサイトは「(福島第1原発)事故に関連した被ばく線量と、それに伴う健康上のリスクは低い」とし、長 期的な健康状態のモニタリングは行わないとしている。
(ロイター)


  
2012-09-19

事故初期におけるヨウ素131被曝について(横須賀、横浜)
 
 ■空気・呼吸・水道水・食品からの内部被ばく量を公表値をもとに茅ヶ崎(横須賀)と横浜で年齢ごとに評価
 ■15日ダストとガス状成分を考慮し、かつ水道水+食品(大人3月合計でI131を1000Bq摂取と仮定)も加えた  評価で、米軍(横須賀)が甲状腺等価線量4~12msvに対して横須賀1.41~3・56msv

  (15日ダストは未測定期間分となる。未測定食品の流通期間があるため仮定してくれています)
 
 ■甲状腺等価線量(米軍との比較)  ~@study2007さん資料P24より抜粋~
 
   <米軍内外被ばく合計 横須賀基地>   <Study2007さんの推定>
  
   0~1歳: 9・9msv              2.06msv
   1~2歳: 12msv               3.56msv
   3~7歳: 7.7msv              3.41msv
   8~12歳:4.6msv              2.57msv
   13~17歳:4.1msv             2.11msv
   18~30歳:4msv               1.41msv

  *米軍との差は呼吸や飲食からの見積り方が違うのかもしれないとのこと
 

 ■甲状腺癌生涯追加発症数(ICRP準拠)
50年ほどの積算で考えています。

  横須賀市17歳以下で2.94人
  横須賀市(米軍評価)17歳以下 7.10人
  横浜市 17歳以下 39.8人
  *横須賀市人口41万4850人 横浜人口369万7894人 に対しての人数です

twitter▽study2007 ‏@study2007



    ~2012・9・19編集中~

テーマ:関東地方(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川)の最寄り駅情報
ジャンル:地域情報

市民教養講座「三浦半島の活断層」

市民教養講座「三浦半島の活断層」
講師:渡辺満久さん 

講演内容:活断層とは何か、三浦半島の活断層の位置と特徴、地震の可能性と規模、
被害集中域、地震被害の軽減について など

日時:10/20(土) 14-16時(13時半受付開始) 

場所:横須賀三浦教育会館2階ホール 
横須賀市日の出町3-19-16


主催:三浦半島地区教育文化研究所 046-824-0683
(事前に電話申し込み必要)

【給食】H24年度産の千葉の米が使用されていることについて問い合わせ

給食食材の産地(9月予定分)

9月からH24年度産の千葉の米が使用されています。

平成24年産米の放射性物質検査について(千葉県HP)
(検出限界値おおむね合算10bq/kg)

セシウム合算の値
習志野 13bq/kg
松戸 28bq/kg
白井 20bq/kg
流山 33bq/kg

など検出されています。

千葉のどのあたりの米なのか、また横須賀市の事前検査でお米を取り扱ってほしい、という問い合わせをしました。


以下学校保健課からの返信。

--------

当面は、JA佐原(千葉県香取市)のお米を使用します。
JA単位で出荷されるため、神奈川県学校給食会では、JA佐原の白米の検査を実施し、以下の検査結果の報告がありました。

検査日:8月27日
検査結果:セシウム134 <5 ,セシウム137 <5

お米につきましては、神奈川県学校給食会で検査を実施しているため、本市での検査は予定しておりません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。