07 | 2012/08 | 09
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

yokosukachild

Author:yokosukachild
私達は子供を放射能から守りたい保護者や市民が集まり、情報交換や勉強会、お茶会などを開催しているボランティアの集まりです。
お茶会開催の連絡などが欲しい方は、メールフォームよりご連絡ください。

「子どもの未来を守ろう 横須賀」の活動の運営資金は会員が自費でまかなっています。
私たちの活動にご賛同頂ける皆様、よろしければカンパによるご支援をよろしくお願い申し上げます。

【カンパ受付口座】
口座名義:子どもの未来を守ろう横須賀

【ゆうちょから振り込む場合】
記号 番号:10260-42101991

【他銀行から振り込む場合】
銀行名:ゆうちょ銀行 
店番:028
預金種目:普通
口座番号 4210199

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横須賀市給食 9月 献立・産地・事前検査結果

2012.08.31 10:44|横須賀市給食情報ページ
横須賀市学校給食

9月献立

9月産地(予定)

9月事前検査結果

Cs134,137の順
キャベツ(群馬県) <0.98 <0.88
キュウリ(青森県) <0.89 <0.99
コマツナ(群馬県) <0.88 <0.91

9・10月使用米(平成24年9月、10月使用分)神奈川県学校給食会

9月中にJAかとり(香取市、成田市、神崎町、東庄町)<5Bq(ベクレル)/kg
スポンサーサイト

講演会「安心なくらしを守る日常の防災対策」(横須賀市)

~防災講演会の開催について~(横須賀市HP)

1.講演テーマ
「安心なくらしを守る日常の防災対策」

2.日時
平成24年8月31日(金曜日)10時から11時まで

3.会場
追浜コミュニティセンター南館 第1会議室

4.定員
40名

5.参加方法
入場自由(定員となり次第締め切らせていただきます)

6.講師
横須賀市北消防署
地域防災係長 坂田直哉

医師 肥田舜太郎氏講演会

~講演会チラシより抜粋~

<講師紹介>
肥田舜太郎(ひだ しゅんたろう)氏 94歳
 内科の医師。28歳の時に原爆に遭遇しました。
 たまたま広島の爆心地から6キロ離れた戸坂(へさか)村にいたために助かりました。
 以来66年間、医師として原爆被爆者に寄り添い、世界に内部被ばくの脅威と核の廃絶を訴えてこられました。
 3・11「フクシマ」が起きると、94歳のお体に鞭打って、各地で講演し、国が危険性を認めていない内部被 ばくが、どれほど危険かということを訴えていらっしゃいます。

 

●日時 9月9日(日) 13時30分~16時

●場所 ウエルシティ 大学習室 横須賀市西逸見1-38-11
     JR横須賀駅より徒歩5分 または京急逸見駅より徒歩8分
     アクセス▽http://www.mmjp.or.jp/shogaigakushu/

●参加費 500円

●内容 内部被ばくについて(原子力空母についても関連づけて)

●主催 いらない!原子力空母


○連絡・申し込み先▽smajun718@docomo.ne.jp(サガラ)

○託児は施設併設の託児を一週間前より予約できます。046-822-4846へ
 小学生は2Fに遊び場があります。
 
 8/22追記:託児は、ウエルシティ併設のものだけだなく、主催者が託児依頼し大学習室の向かいのへやで託児を することになりました。 
 チケット予約と一緒に申し込んでいただけたらと思います。
 費用は200円かかります。

 また、講演時間ですが全体で2時間。3時半に終了予定です。

 託児がバッチリなのでご夫婦参加もしやすいですね!
 夫婦間での内部被曝についての認識の違いなど、よく悩みをお聞きします。
 夫婦間で得ている情報量や情報の質が違うことが多々ありますよね。
 
 一緒にお話を聞いてみて、感想を伝え合ってみるのもいいですね☆
 
 肥田先生はとてもわかりやすい例えでお話をなさってくださいます。
 横須賀にいらっしゃることはそうそうないと思いますので、
 ご関心のある方はぜひ、お待ちしておりますヾ(*´∀`*)ノ

  

練馬区教育委員会委託講座「放射能はどう測る?-街・川・海と食べ物と」

>練馬こどもを守ろう会HPより

~練馬区教育委員会委託講座~

【放射能はどう測る? ー街・川・海と食べ物とー】

東日本大震災以降、さまざまな地域や河川・海洋、土・食品などの測定を続けている小豆川先生を講師を招き、測定のしかたやそのむずかしさ、実情や今後への予測など、これからの生活にも生かせる最新の知見を伺います。


○日時 2012年8月19日(日)14:00〜16:00

○場所 男女共同参画センターえーる 研究室1〜3(3階)
   (西武池袋線・石神井公園駅から徒歩5分(石神井町    8-1-10)


○講師 小豆川勝見さん(東京大学大学院助教 環境分析化学   研究室)

○参加費 200円(資料代として)

申込▽練馬子どもを守ろう会  素敵なチラシあります♪




小豆川先生@sunbaimanといえば、わかりやすく専門用語を使わずに簡潔に教えてくださり、保護者からの信望が厚いことで有名ですが、練馬区教委の委託開催でお話をしてくださるとのことです。
学校の先生と一緒に、小豆川先生のお話をお聞きできるような機会をつくってくださっていること、素晴らしいです!



小豆川勝見氏HP 

東京大学 環境分析化学研究室(松尾研究室) 助教
東日本大震災以降、東京大学アイソトープ総合センターにて被災地ほかからの多くの試料における放射性物質の測定に従事


*【守谷あんしんお散歩プロジェクト(もりあん)】

小豆川先生が一緒に測定されているプロジェクト

~震災後、守谷市内の放射線量を測っていた有志が力を結集して設立した守谷あんしんお散歩プロジェクト、2012年2月に自由意思参加型プロジェクト~

守谷の軽井沢-大柏の森 
もりあん公式HP

お茶会“スペシャル版”のお知らせ・お誘い

2012.08.10 09:57|当会主催のイベント

お茶会“スペシャル版”のお知らせ・お誘い


みなさま、暑い夏をお元気でお過ごしでしょうか。
8月にお休みしているお茶会を、9月は“スペシャル版”で開催するお知らせです。
まず、場所・時間は下記の通りです。

●日時:2012年9月25日(火)12時~14時
●場所:本町コミュニティーセンター 第2会議室(総合福祉会館6階)
http://www.yokosuka-shakyo.or.jp/shakyo/annai.html 
●参加費:300円

みなさま気になる、なぜ“スペシャル版”かといいますと、“スペシャルゲスト”がいらっしゃるからです!!
どんな“スペシャルゲスト”か気になる方、これまで参加しようかなぁあと思いつつ躊躇されていた方、この機会にぜひぜひご参加ください。
途中入室・退室、お子さん連れもOKです。なお、参加者のみなさまに頂戴する参加費は、ゲストの方の資料代や交通費などにあてさせていただきます。


☆スペシャルゲスのヒント★食品をはじめとするさまざまなモノの放射能測定をされていて、大変ご活躍されている方です☆


なお、定員が36名となっております。
当日定員を超えた場合、入室をお断りする場合がございますので、ご了承くださいませ。


~Hot memo~
■こどもみらい測定所 25日夜「ぶっちゃけどうなの?放射能」Ustream番組 7時頃~
 26日 こども放射能教室 空間線量や食品や土壌を子どもたちと一緒に測定し学びます
■横浜市民測定所 YCRMS セシウム合計66Bq/kgの全粒粉を使ってパンを焼いたら、パン1枚は何ベクレルになるの?  結果はHPでご確認くださいねヾ(*´∀`*)ノ
■フードベース23 セシウム70Bq/kgを超えるうどんをゆでたらどうなるの? 椎茸をゆでたら?
 セシウム検出されている柑橘でマーマレードをつくってみたら?などHPにて公開中☆
■群馬県藤岡市のひかり保育園や、愛知県のたけのこ幼稚園は園長自ら、放射能の測定機械を購入。
 日々測定し安全安心な食材を園児に提供、情報発信中です♪素晴らしい取り組みですよね♡
 コーンフレークとか、普段よく使う小麦粉など身近な測定結果を確認できます(*´∀`*)
  ・・・ 『食品測定所』でインターネットで検索GO!身近な食材情報が豊富!・・・

内部被ばく治療の経験から学ぶシンポジウム

内部被ばく治療の経験から学ぶシンポジウム

内部被ばく治療を経験してきた海外の医師たちの監修の元、
日本人医師による『健康相談会』を実施します。


○日にち: 2012年8月29日(水)神奈川公会堂

○時間と内容
 
 13:00~17:00 第一部 健康相談会

 来場者の放射線被ばくに対する不安を解消するためのイベントです。

 内科医、心療内科医、小児科医、口腔外科医、歯科医、市民測定所、環境ジャーナリストが、
 それぞれのブースで、それぞれの立場から、みなさんの相談に応じます
  

 17:00~21:00 第二部 チェルノブイリハート上映会・講演
 

○参加費:800円
○テキスト代:1冊200円
 
○託児費: 2歳~未就学児 1人につき500円 定員20名
 小学生無料(ビデオ放映のみ)    定員20名
 (託児を希望する場合は、申込時に事前予約が必要です)


*被災地から避難してこられた方の参加費、および託児費は、無料です。

シンポジウムHPにて申込をお願いいたします▽http://829.angel-project.jp/

twitter▽@yokohama829

春を呼ぶフォーラム

子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク: 各地で開かれる健康相談会&講演会のお知らせ~内部被ばくに詳しい外国人医師を迎えて~

ゲスト

*ジェフリー・パターソン医師/「社会的責任を果たす医師団」、「核戦争防止国際医師会議」米国支部代表。
ウィスコンシン大学医学部教授。

*デルテ・ジーデントップフ医師/「核戦争防止国際医師会議」ドイツ支部設立メンバー。
「コスチュコビッチ・ディーツェンバッハ友好協会」代表。20年以上継続してベラルーシの人たちを支援。

*マリアン・デレオ監督/ニューヨーク在住のドキュメンタリー作家。スクール・オブ・ビジュアル・アーツ講師。
アカデミー賞受賞。エミー賞(2回)受賞。代表作に、『チェルノブイリハート』、『ホワイトホース』
 当日都合により来日できなくなりました

*松井英介(まついえいすけ)/2001年3月まで岐阜大学附属病院に勤務。放射線医学講座助教授。
退任後、岐阜環境医学研究所を設立し、現在に至る。日本呼吸器学会専門医。日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡指導医。日本肺癌学会、および日本呼吸器内視鏡学会特別会員。著書『見えない恐怖?放射線内部被曝(旬報社)』

*三宅成恒(みやけしげのぶ)/京都市伏見区にある城南診療所所長。内科医。有機溶剤中毒など労災治療、労働者の健康管理に携わる。「核戦争防止国際医師会議」京都府支部長。1986年から「核戦争防止、核兵器廃絶を訴える京都医師の会」世話人として、各国の世界会議に出席。

*藤野健正(ふじの・たけまさ)/歯科医。医療法人社団きょうどう理事長。東京歯科保健協会副会長。

*土居保良(どい・やすよし)/口腔外科医。

*斧澤克乃(おのざわ・かつの)/心療内科医。

*橋本百合香(はしもと・ゆりか)/小児科医。

*青木泰(あおきやすし)/環境ジャーナリスト。震災ガレキの広域処理の問題点について解説し、今後のガレキの処理方法について提言。


共同開催団体名

*春を呼ぶフォーラム/代表 川井和子

*放射性廃棄物全国拡散阻止!3・26政府交渉ネット/メディアコーディネーター 杉山義信

*横浜市民測定所/放射能から子どもを守る@横浜/エンジェルプロジェクト/No!放射能Team神奈川
 逗子・葉山のこどもたちを守る会/厚木市・愛川町・清川村の子どもたちを放射能から守りたい(AAK)

 子どもの未来を守ろう 横須賀も共同開催団体としてがんばっています☆

  ♪当日ボランティアスタッフ募集中♪ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。