03 | 2017/04 | 05
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

yokosukachild

Author:yokosukachild
私達は子供を放射能から守りたい保護者や市民が集まり、情報交換や勉強会、お茶会などを開催しているボランティアの集まりです。
お茶会開催の連絡などが欲しい方は、メールフォームよりご連絡ください。

「子どもの未来を守ろう 横須賀」の活動の運営資金は会員が自費でまかなっています。
私たちの活動にご賛同頂ける皆様、よろしければカンパによるご支援をよろしくお願い申し上げます。

【カンパ受付口座】
口座名義:子どもの未来を守ろう横須賀

【ゆうちょから振り込む場合】
記号 番号:10260-42101991

【他銀行から振り込む場合】
銀行名:ゆうちょ銀行 
店番:028
預金種目:普通
口座番号 4210199

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【逗子市】冷凍みかん給食使用決定(6/28予定)

学校給食における冷凍ミカンの使用について(逗子市HP)

 6月28日に使用する神奈川県産冷凍ミカンから1Kgあたり6.56Bq(ベクレル)の放射性セシウムが検出されました。この値は、新基準値(一般食品100Bq/Kg)を大きく下回っております。このことから冷凍ミカンの 使用中止や産地変更等は行わず、予定通り学校給食で提供いたします。

 なお保護者様向け通知文を参考として、下記の掲示します。

保護者向け通知文

2012年(平成24年)5月30日
逗子市立小学校の保護者の皆様へ
逗子市学校給食会会長
逗子市教育委員会学校教育課長
学校給食における冷凍ミカンの使用について

日頃から本市の学校給食について、ご理解とご協力を賜りまして、誠にありがとうございます。

現在、神奈川県産の『冷凍ミカン』の放射線量とその使用について、新聞等で報道されておりますが、本市におきましては、6月28日(木)の食材として神奈川県産の『冷凍ミカン』を使用する予定です。

そのためこれらを事前に取り寄せて放射線測定を実施したところ、1kg当たりのセシウム134・セシウム137の値がそれぞれ2.27Bq/kg・4.29Bq/kgで、合計6.56Bq/kgが検出されました。(ミカン1個 約80gに換算すると約0.525Bqになります。)

今回の数値は、厚生労働省が定める食品衛生法上の基準値(一般食材100Bq/kg)を下回っていることから、使用の中止や産地の変更等は行わず、予定どおり学校給食で提供いたします。

なお、『冷凍ミカン』につきましては、6月28日分も含め7月・9月・10月の各1回分を既に保護者の皆様からの給食費にて購入済みですので、その都度、放射線測定を行い、適切に対処して行きます。また、引き続きその他の食材や提供食の放射線測定の値には細心の注意を払っていく所存ですので、ご理解をよろしくお願いいたします。

なお、『冷凍ミカン』につきましては、上記のとおり喫食しても差し支えないと考えておりますが、ご家庭の判断にて喫食されない場合でも、冷凍ミカンの代替品の持参につきましては、衛生面の観点からご遠慮くださいますようにお願いいたします。


※ 学校給食の食材検査・食材の産地等については市のホームページで公表しております
のでご確認ください。


※ 食品衛生法上の放射線基準(平成24年4月1日~)
政府広報オンライン
厚生労働省ホームページ


----------
逗子市学校教育課
gakkou@city.zushi.kanagawa.jp
スポンサーサイト

神奈川主要自治体に給食について問い合わせしました。

相模原市の情報アップしました2012.5.22
http://togetter.com/li/303862

~横須賀市への要望~ 
要望1.放射性物質検出食材使用の中止  
要望2.使用食材産地変更  
要望3.学校から保護者へ給食食材事前検査結果の周知  
要望4.検出食材摂取への配慮 


どこに住んでいる子どもについても上記配慮されるよう願っています。


[横須賀]
放射性物質検出食材使用についての要望書への回答は今週中にと考えている。 
他自治体の様子を伝え情報提供方法についてもよく検討していただけるようお願いをする。
今日は忙しい様子でした。
教育委員会事務局学校教育部学校保健課 電話:046-822-8487 


[川崎]
他自治体の情報収集しつつ多くの保護者からの問い合わせ、市長への手紙、メールいただいている状況のなか、方向性を検討中。個々の事情をしっかり受け止め電話を切って終わりにはしない。
保護者情報提供:御家庭でPC使わない、検索しない、学校判断にばらつきがあることも受け止め、家庭配布の献立を活用など検討。摂取強要はしない。
専門家への相談は?衛生研究所に専門職在籍しているのでそちらで相談できる
国の基準内のとらえ方 国の基準だから使用するという姿勢ではない、この食材についてどうしていくかをきめたい
誠実なあたたかい回答で、こちらがお聞きしている意図をくんで丁寧にお話してくださいました☆
川崎市教育委員会健康教育課 TEL→044-200-3296

[横浜]
5月分は、川崎横須賀検出しており急きょ提供中止したが、冷凍みかん放射性物質検査し、結果を放射能対策部で検討し6・7月のことを決める 
事前検査結果の情報提供はHP 
→2012.5.21 使用中止決定 
教育委員会事務局 健康教育課 電話: 045-671-3277

[逗子]
①柑橘使用について 甘夏(熊本)冷凍みかんなし 川崎・横須賀・鎌倉デコポン(静岡)でているため産地をなるべく西日本産にお願いしている(正式な通知はなし)
各小学校ごとに栄養士が発注
国の基準値もあるが、検出されたら値については検査機関に確認、神奈川県教育局 教育指導部 保健体育課 に連絡をし県内他市町村の検出状況や対応を確認し相談する予定。
横須賀のように(東大の早野先生)大学の先生への相談はしていない
冷凍みかん使用について:横浜・横須賀・川崎検出状況を知るとあえて検査⇒提供検討するより献立からはずしてしまうと楽なのでは?と提案。逗子に卸すと話していた業者から購入した冷凍みかんの検査結果(セシウム合算で3~5ベクレル程度の汚染)をFax予定 
通常、毎日ではないがよく確認する結果、藤沢横須賀鎌倉横浜。
筍の水煮(中国産)は県の「学校給食会」から物資支給される(若干単価が安い)、国産は控えるようにしている。
検査で検出されないことを祈っている、戸惑いつつ調べつつ進めている様子がうかがえ対応とても丁寧で親切。
健康教育課 電話番号:046-873-1111

[藤沢]
独自基準の40㏃/kg以下なら使用に変更なし 
冷凍みかんから3bq/kg検出されているが使用の通知予定なし 
よくわかる方がいなくて栄養士さんより回答  
電話0466-25-1111


[綾瀬]
冷凍みかん(愛媛)使用 フルーツポンチみかん缶(県内ではない)柑橘類からの検出は以前より把握していた 昨年も西だからなのかは不明 
一つの質問ごとに「ちょっと待ってください」、言葉を選びつつ回答いただけた。
献立&産地HP公表はしていないが、HPみる方が少ないことわかっているので、紙ベースで通知 
通学されている方だけという方針 
事前検査は他自治体で結果でていても心配ある食材なら検査
もっとも心配そうな食材から相談しつつ選択 
業者発注の時になるべく産地配慮
教育総務部 学校教育課 電話:0467-77-1717(直通)


[葉山]
冷凍みかん 検出されていて他自治体で検討していることや報道は知っている 校長会と栄養士会で使用を検討している段階。
国の基準値以下だが、使用するか、使用しないのか。参考にしているのは、逗子・横須賀・三浦・鎌倉・横浜
井上(冷凍みかん業者)藤沢の三徳商事へ納入(小田原南足柄産) 
11月収穫 生みかんCs134 ND<3.4㏃/kg Cs137 ND<2.5㏃/kg(食環境衛生研究所) 不検出だったと話す
5/6 製品化した冷凍みかんの検査は違う会社で測定だが、同様の限界値で不検出(食品環境検査協会) 
教委と校長会、栄養士会では、使用予定みかんの検査は検討していない 
不検出結果が手元にあり、報道された値がある状態
 
武蔵野は牛乳7㏃/kgで中止しゼロベクレル目指している話しすると「国が100ですしね~、ゼロめざすのはどうなんでしょうか・・?」と。過去の摂取量を訪ねると「前は500とかでしたね」 
念のため実際に事故前に摂取していた値を確認したが、ご存知ない様子 0.05~0.1㏃/ だったこと、提出された結果では検出されていないが、同じところから購入したみかんより4㏃/kg検出されていること、一個可食0.4㏃を微量といえるか
事故前の一日総量 0.05㏃/kg~0.1㏃/kg に対し、たったみかんの一個で0.4~0.9(川崎)ベクレルとるということは?総量にしたら何倍摂取しつづけることになるのか、しきい値がないこと、セシウム摂取によるメリットはないことだけが、100%わかっている事実であること
職員の方は、お聞きすると知っていることについて丁寧に教えてくださる。過去の情報や、現在の検出状況についての情報が手元にない様子を感じた
葉山町教育委員会学校教育課 電話046-876-111 

[相模原]
こども まもりたい 様によると
相模原市の給食に使用されている冷凍みかんについて、当会メンバーの保護者の情報によりますと、相模原は学校ごとに発注をしていて、和歌山、愛媛、神奈川と3つの産地のものを取り入れているとのことです。
どこの産地のものを仕入れているかは、それぞれの学校に確認しないとわからない状態。

(2012.5.22追加)
中央区学校給食19.6㏃/kg冷凍みかん使用について 
校長・保護者・栄養士・教委を交えて話しあい 
事前にわかっていおり他の選択が可能と校長判断により中止 
同じ検出みかん使用校にも伝えてあり校長判断による。
 

5~7月一回づつ 73校の9割以上が冷凍みかん使用予定 
各学校ごとに発注で6つの業者より 
41校使用予定の業者の検査ND<2~3㏃/kg のため使用予定 
各学校がどこから納入かは学校に確認を 
基準献立なので校長判断で変えられる 
教委は指示できる立場にない。
学校保健課 042-769-8283


[鎌倉]

5/11、事前検査で小田原産冷凍みかん8.1bq/kg検出。
随時使用となっている。→http://www.city.kamakura.kanagawa.jp/kyusyoku/kyushoku_reitoumikan.html
「 測定結果から、基準値内であり、また近隣市の対応状況も含めて検討した結果、今回検査した神奈川県産冷凍みかんについては、引き続き使用することといたしました。」

→市長がツイッターで市民からの情報を得て、プリント配布することを決定
2012.5.21 使用中止を決定

鎌倉市教育部学務課給食担当 0467-61-3804

[三浦]
①小中の給食検査実施に向けて検討中 保護者からの要望自体少ない(今年度中に検討)
最近、鹿児島産びわ提供予定→不作で清美オレンジ(和歌山・愛媛)へ変更 
冷凍みかんの報道は栄養士も把握していたし業者が卸してきたものが西だった 
②産地や献立公表HPアップなし 
配布献立表に栄養士が調べた産地ごとの他市町村の測定結果(事前検査していないため)、業者報告の測定値をのせ通知 
干ししいたけ(宮崎・熊本・鹿児島)たけのこ(中国)使用  
三浦市学校給食課 046-882-1128span style=

【鎌倉市、横浜市】冷凍みかん使用中止決定

【鎌倉市】

鎌倉市学校給食における神奈川県産冷凍みかんの使用中止について

先日、学校給食で使用している神奈川県産冷凍みかんについて、鎌倉市のゲルマニウム半導体検出器で測定したところ、セシウム134が3.6ベクレル、セシウム137が4.5ベクレルの合計8.1ベクレルを検出いたしました。
この測定結果を踏まえ、国の基準値の100ベクレルを大幅に下回る数値であり、国の基準値の中で一番厳しい飲料水の基準値である10ベクレルを下回っていることや、近隣市でも既に使用または今後使用予定であること等から、学校給食の食材として使用することをホームページに掲載し、お知らせさせていだきました。
しかしながら、再度教育委員会内で協議した結果、基準値内であっても放射能の測定数値が出ている食材を繰り返し提供することに対する児童への影響は考慮すべきであると判断し、今年度の神奈川県産冷凍みかんの使用を取りやめることといたしました。

保護者の皆様には、取扱いが錯綜し大変ご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。今後も、本市学校給食に使用する食材の発注につきましては、細心の注意を払い、安全な学校給食の提供に努めてまいります。


平成24年5月11日 市立小学校全校 冷凍みかん神奈川県小田原市
Cs134 3.6bq/kg
Cs137 4.5bq/kg

お問い合わせ

所属課室:教育部学務課給食担当
鎌倉市御成町18-10 本庁舎4階
電話番号:0467-61-3804
ファクス番号:0467-24-5569

--------
鎌倉市も小学校給食へのミカン使用を自粛(産経新聞) 

神奈川県鎌倉市教育委員会は21日、市立小学校16校で提供予定だった神奈川県産の冷凍ミカンについて、本年度の使用を自粛すると発表した。

 県内産ミカンから国が定める基準値以下の放射性セシウムが検出されたとして、横浜市が市立小学校の給食への提供を当面自粛することを決めたことに続く措置だという。

 鎌倉市は横浜市の決定を受けて検査、一時は問題なしとして使用を決めたが、保護者から不安を訴える声が相次いだという。市教委は「基準値内であっても、食材を繰り返し提供することによる児童への影響を考慮すべきだとの結論に達した」と説明している。

--------

【横浜市】

学校給食の冷凍ミカンについて 横浜市放射線対策本部(平成24年5月21日)
横浜市鶴見区の放射線情報 様のページより)

学校給食の冷凍ミカンについて

平成24年5月10日(木)から神奈川県産の冷凍ミカンを各学校一度ずつ給食で使用する予定でしたが、川崎市、横須賀市の給食食材検査において一定の数値が検出され、保護者の方から不安の声が寄せられていることから、教育委員会で、念のため、取り急ぎ、5月については冷凍ミカンを控える献立に変更しました。
これについて、より詳細に実態を把握するため、通常よりも検体数を増やして、冷凍ミカンの検査を行いました。
その検査結果を踏まえ、放射線対策本部会議で以下のとおり6月以降の対応を決定しましたのでお知らせします。

1 学校給食の放射性物質検査結果に基づく対応について
(6月以降の冷凍ミカンの取扱いについて)
・ 本市として放射性物質の安全基準は基本的に国の示す基準値であると考える。
・ したがって、学校給食について、これまで給食日の一日前の食材事前検査で基準値を超えていなければ、安全基準を満たしていると判断して、原則、使用している。
・ 一方、学校給食については、市が献立メニューを作成するものであり、児童が食べるに当たり自主判断できない、選択できないという特性がある。
・ こうした事情を鑑み、学校給食については、子どもへの配慮を最優先に考え、献立変更などが可能なものは、他の食材に変更してきた。
・ 今後も同様に考え対応していく。
・ 冷凍ミカンについて検査を行った結果、全ての検体で国の示す一般食品の基準値である1キログラムあたり100ベクレルを大きく下回っており、健康上の問題はなく、安全であることを確認した。
・ その上で、学校給食の特性と子どもへの配慮から、これまでどおり、献立変更可能なものは、あえて給食食材に使用しないこととした。

<林 文子 横浜市長コメント>
学校給食の冷凍ミカンについては、詳細に実態を把握するため、綿密な検査を行った上で、放射線対策本部会議でしっかりと議論し、対応について検討するよう指示してきました。
検査の結果は国の示す一般食品の基準値を大きく下回っており、健康上の問題はなく、安全であることを確認しました。
その上で、学校給食の特性を踏まえ、子どもに配慮し、保護者の方々からの不安の声を受け、判断し、決定した対応方針ですので、市民の皆さまのご理解をいただきたいと思います。



横浜鎌倉県産冷凍ミカン中止(NHK神奈川ニュース)

横浜市と鎌倉市の教育委員会は、それぞれ独自の検査で国の基準を下回るものの放射性セシウムが検出された、神奈川県産の冷凍ミカンについて、児童の健康に影響が出ることは避けたいとして、今年度は給食に使用しないことを決めました。

神奈川県産の冷凍ミカンをめぐっては、川崎市などの検査で国の基準を下回るものの放射性セシウムが検出され、一部の保護者から横浜市や鎌倉市に給食での提供を中止するよう求める声が寄せられています。これを受けて、横浜市教育委員会は、今月、小学校の給食に提供することになっていた冷凍ミカン、およそ2700個を抽出して検査を行い、その結果、最大で1キログラムあたり8、8ベクレルの放射性セシウムが検出されたということです。これは、国の基準の100ベクレルを下回っていますが、横浜市教育委員会は、繰り返し給食で提供されることで児童の健康に影響が出ることは避けたいとして、今年度は神奈川県産の冷凍ミカンを給食で使用しないことを決めました。一方、鎌倉市教育委員会も今月行った検査で神奈川県産の冷凍ミカンから8、1ベクレルの放射性セシウムが検出され、21日市内のすべての小学校に対し、今年度は冷凍ミカンを給食で使用しないよう通知しました。

IMG_3249 (640x480)


[東京新聞]冷凍ミカン横浜使用中止「食材を選択できない給食の特性と子どもへの配慮から献立変更可能なものはあえて使用しない。できる限り(セシウム濃度)ゼロを目指す考えだ」「鎌倉市教委も繰り返し食べることを考慮し取りやめ」22P ー神奈川ー 荒井六貴記者
  



神奈川新聞  


[神奈川新聞]横浜市の小学校給食用 ミカン線量基準下回る「子どもへの配慮から給食に使用しない」「今回は特例」(報道部) / 鎌倉市、提供とりやめ「繰り返し提供することへの影響を考慮」(湘南総局)-社会P20ー 
 カナロコ -- 神奈川新聞社


毎日新聞  

[毎日新聞]給食の冷凍ミカン提供 6月以降も自粛 横浜市/鎌倉でも今年度中/「基準内でも測定数値が出ている食材を繰り返し提供する児童への影響を考慮」ー神奈川ーP23松倉祐輔 松永東久http://mainichi.jp/area/kanagawa/news/20120522ddlk14040309000c.html

【横浜市給食】冷凍ミカン使用中止決定

給食冷凍ミカン中止 横浜市立小セシウム問題 メニュー変更で対応(東京新聞)2012.5.9

横浜市立小学校の給食で提供予定の県産冷凍ミカンについて、保護者が「放射性セシウムが含まれている可能性がある」として、市に提供中止を求めていた問題で、市教委は八日、冷凍ミカンの提供を取りやめることを決めた。

 市教委は、川崎市や横須賀市の検査で、同じ県産ミカンから一般食品の新基準値(一キログラムあたり一〇〇ベクレル)を下回るものの、一定量の放射性セシウムが検出されたことや、八日になっても保護者から不安を訴える声が相次いだことから、メニューを変更するなどの対応を取ることを決めた。

 市教委健康教育課の飯田晃担当課長は「保護者の声もあり、献立を変更することにした」と説明した。

 市立小学校では県内で昨年末に収穫して冷凍保存していたミカンを十日、十一日、二十四日、二十五日の計四日間で提供する予定だった。全三百四十四校のうち、八十六校の給食で冷凍ミカンが提供される予定だった十日は、代わりの食材の確保が難しい可能性があるという。 (荒井六貴)



小学校給食で冷凍ミカン自粛へ、保護者の要望受け決断/横浜市教委(カナロコ)2012.5.9

横浜市教育委員会は8日、市立小学校344校の給食の献立に含まれていた、冷凍ミカンの提供を当面自粛する方針を決めた。市教委健康教育課は「他都市の状況も踏まえ、保護者の不安を取り除くことを第一に考えた」と話している。

 同課によると、給食の献立では5、6、7月に各1回、県内産冷凍ミカンを提供する予定だった。しかし、川崎市や横須賀市で県内産冷凍ミカンから国の新基準値(1キログラム当たり100ベクレル)を下回るものの、放射性セシウムが検出されたことなどを受け、対応を検討。保護者から自粛を求める声が多く市教委に寄せられ、決断した。

 横浜市教委が給食への使用を自粛する食材は牛肉、シイタケ、国内産タケノコに次いで4品目。市教委は冷凍ミカンに代わる献立を検討中。仕入れ済みの冷凍ミカン約60万個については「他に転用できないか、業者と協議する」としている。


横浜、給食でミカン使用自粛 小学校344校で(47News)2012.5.9

横浜、給食でミカン使用自粛 小学校344校で(河北新報)2012.5.9

横浜市教育委員会が、市立小学校344校の給食で提供する予定だった神奈川県内産の冷凍ミカンの使用を当面自粛することを決めたことが9日、分かった。国が定める一般食品の基準値(1キログラム当たり100ベクレル)を下回る放射性セシウムが検出され、不安を訴える保護者の声が多数寄せられたのが理由。
 市教委は「保護者の不安が大きく、放射性物質が含まれる可能性がある食品の使用は慎重にした」と説明している。
 県内産の冷凍ミカンをめぐっては、川崎市や横須賀市で基準値以下のセシウムを検出。両市は給食での使用を自粛していない。


給食の冷凍ミカン中止 他市で基準以下セシウム、保護者不安に対応−−横浜市教委 /神奈川(毎日新聞)2012.5.9

横浜市教育委員会は8日、今月の小学校給食で提供される予定だった県内産の冷凍ミカンについて使用を中止することを決めた。川崎市や横須賀市でミカンから基準値以下の放射性セシウムが検出され、保護者の不安が高まっていることを受けての対応で、これまでの判断や国の基準より厳しい姿勢に転じた。

 県内産冷凍ミカンを巡っては、川崎市で先月、1キロ当たり100ベクレルの国の基準値を下回る9・1ベクレルが検出された冷凍ミカンを給食に使用。横須賀市でも先月、6・5ベクレルを検出したが、今月末の給食で提供する予定だ。

 横浜市は市内全344小学校を4地区に分け、10、11、24、25の各日に冷凍ミカンを提供する予定だったが、保護者から給食での使用を中止するよう要望が相次いだため、対応を協議していた。

 市が放射性物質に絡み給食使用をやめた食材は牛肉、乾燥シイタケ、タケノコに続き4例目。過去3例は流通過程で国の基準値を超えたり、市の検査で比較的高い数値が検出されたりした食材で、昨年10月に12・2ベクレルが検出されたマイタケはそのまま使用した。



横浜市給食 冷凍ミカン提供に反対 放射性物質検出(東京新聞)

横浜市給食 冷凍ミカン提供に反対 放射性物質検出(東京新聞)2012.5.8


横浜市の小学生の保護者らが、県内産のミカンから放射性セシウムが検出されていることを理由に、給食でミカンを提供しないよう市教委に要望していることが分かった。同市の小学校三百四十四校では十日から順次、県内産の冷凍ミカンが提供されることになっており、市教委は「メニューの変更を含め、対応は検討中」としている。

 川崎市は先月、国の新基準値(一キログラム当たり一〇〇ベクレル)を下回る最大同九・一ベクレルを検出した冷凍ミカンを給食に提供し、保護者から反発を受けた。横須賀市でも、今月末に使用する県内産ミカンから同六・五ベクレル検出されたが、変更の予定はないという。

 横浜市では、昨年末ごろに県内で収穫された冷凍ミカンを使用。小学校を四地区に分けて十日、十一日、二十四日、二十五日に提供する予定。市教委健康教育課の飯田晃担当課長は「川崎や横須賀で検出されていることや、保護者の声を配慮し、どうするか検討する」と述べた。

 食材に含まれる放射性物質の測定などをしている団体「放射能測定フードベース23」(東京)の同市の男性教員(38)は「ミカンは旬でもなく、放射性物質が含まれている可能性があるミカンをあえて提供する必要があるのか」と訴える。

 この団体が県内各地のかんきつ類生産者から独自に提供を受けて調べた結果、一部で実と皮を合わせて国の新基準値を超える放射性セシウムが検出された。 (荒井六貴)

------

横浜市教育委員会指導部 健康教育課 飯田担当課長(直通TEL 045-671-3204)
【横浜市放射線対策部】健康福祉局 健康安全課 放射線対策 小川担当課長(直通TEL 045-671-2468)

横須賀市教育委員会▽学校教育部 学校保健課 
電話 046-822-8487
E-MAIL:ss-bes@city.yokosuka.kanagawa.jp

------

我孫子市が公開している市民持ち込み検査の結果から柑橘類を抜き出したグラフ(by黒猫先生)

横浜とつくばの黒猫先生の「セシウム検出冷凍みかんを給食使用することについて」

tokok先生の測定結果より
【横須賀市二葉の夏みかん(果汁)】 
セシウム134:5.0±0.6 Bq/kg、セシウム137:5.9±0.9 Bq/kg。
 
Ge半導体検出器 ORTEC GMX-10180-P、試料重量:240g、測定時間:約80000秒。

【横須賀市坂本町の家庭菜園で採れたレモン(生)】
セシウム134:15±1 Bq/kg、セシウム137:19±1 Bq/kg。

なお、菜園付近の土壌放射能濃度(0~5cm)は、Cs-134: 94±5 Bq/kg、Cs-137:120±14 Bq/kg (誤差は90%信頼区間)

【川崎市】学校の給食 冷凍ミカンから9.1ベクレル

市立小学校の給食 冷凍ミカンから9.1ベクレル(東京新聞)2012.4.13


川崎市の4月の食材の事前検査でミカンからセシウムが検出されています。(Cs134,137の順。bq/kg)

みかん缶詰(神奈川県) 1.7 2.1
冷凍ミカン(神奈川県) 3.8 5.3


川崎市教委の健康教育課「今回のミカンは国の新基準(一般食品で同一〇〇ベクレル)を下回る。国は給食について『基準値に適合すれば安全性は十分確保される』と文書を送ってきた。尊重せざるをえない」。

「子供を放射能から守る会@川崎」も十二日、「事前に知ることのできた被ばくは防ぐべきだ」などとする要望書を市教委宛てに提出。
子供を放射能から守る会@川崎のFBに要望書の内容の詳細などあります)


セシウム検出ミカン給食に 検査結果の周知不徹底(東京新聞)



 市教委では、各校の校長に対し、「市のホームページで公表していることを、ネットを見ない人のためにもお便りなどを使って保護者に連絡を」と求めるなど、セシウム検出の事実を関係者に伝えるよう依頼していた。

 ところが、東京新聞で調べたところ、複数の学校の保護者が「まったく学校から知らされていない」と驚いていた。中には、「保護者懇談会でミカンの話をお願いしようとしたら、先生さえ検出されたことを知らなかった。ショックを受けた」との声も。

【給食】武蔵野市の事前検査の事例

東京都武蔵野市

子どもたちを放射能から守る会 藤沢 様によると 

事前検査でセシウムが検出された食材はすべて使用中止、または産地変更されているそうです。
(茨城の長ねぎ、豚肉、群馬の生しいたけ、さつまいも、牛乳、埼玉の豚肉、長野のまいたけ、なめこ)

事前検査は月2回、1回につき約10検体を検査
まるごと検査は月2回、1回につき3校をチョイス(1食分)

学校給食の牛乳からセシウム検出、武蔵野市が急遽提供を中止 (東洋経済オンライン)2011.10.28

給食関係のニュース記事など

横須賀市

http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/8330/kyuushoku/index.html

事前検査で神奈川産の豚肉から2.47bq/kgのセシウム検出。微量であるのでそのまま給食に使用。

綾瀬市

http://www.city.ayase.kanagawa.jp/hp/page000022300/hpg000022296.htm
群馬県産のしめじ Cs137が1kgあたり5.7Bq検出。しめじの一人辺り使用量は8gで、内部被曝実効線量は0.000456μSVと極めて少量と推定されますので、予定通り2月15日の給食に使用。

藤沢市

http://www.city.fujisawa.kanagawa.jp/kyouiku/page100293.shtml

2/17使用予定のさつまいも(茨城産)から10bq/kg検出
→基準としている40Bq以上ではないので給食に使用。
(藤沢市では検査結果が40Bq/kgを超えた食材については、使用を控えることとしている)

この件についての保護者が教育委員会に問い合わせた結果

厚木市

http://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/kosodatekyoiku/education/anzen/d018240.html

2/21使用予定のれんこん(茨城産)からセシウム134が4Bq/kg、セシウム137が7Bq/kgの合計11Bq/kgのセシウム検出

→現在、国が検討しているより厳しい新規制値(一般食品100ベクレル/キログラム)を大きく下回っています。また、れんこんの1人当たり使用量は10グラムで、内部被ばく実効線量は、セシウム134が0.00056マイクロシーベルト、セシウム137が0.0007マイクロシーベルトと極めて少量と推定されますので、予定どおり2月21日の学校給食に使用します。

国立市(東京都)

http://www.city.kunitachi.tokyo.jp/kyoiku/kyushoku/004827.html

牛乳から9回検出(3bq/kg程度)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。