03 | 2017/04 | 05
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

yokosukachild

Author:yokosukachild
私達は子供を放射能から守りたい保護者や市民が集まり、情報交換や勉強会、お茶会などを開催しているボランティアの集まりです。
お茶会開催の連絡などが欲しい方は、メールフォームよりご連絡ください。

「子どもの未来を守ろう 横須賀」の活動の運営資金は会員が自費でまかなっています。
私たちの活動にご賛同頂ける皆様、よろしければカンパによるご支援をよろしくお願い申し上げます。

【カンパ受付口座】
口座名義:子どもの未来を守ろう横須賀

【ゆうちょから振り込む場合】
記号 番号:10260-42101991

【他銀行から振り込む場合】
銀行名:ゆうちょ銀行 
店番:028
預金種目:普通
口座番号 4210199

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横須賀市域の放射線量を再測定しませんか?(子どもたちを放射能から守るために。はかる、知る。「放射線見える化プロジェクト」(こどもみらい測定所)のご紹介)

2013.08.01 07:52|情報紹介
※8/25締め切りとしたいと思います。どうかご協力よろしくお願いいたします!!(8/4)

子どもたちを放射能から守るために。はかる、知る。「放射線見える化プロジェクト」の紹介です。

こどもみらい測定所(東京都国分寺市)様が立ち上げたプロジェクトです。

以下HPより
----------
「ホットスポットファインダー」を入手し、首都圏を中心とした各地の空間放射線量を皆さんからのご要望にお応えしながら計測していく測定プロジェクトです。
手順
1 サポーターの皆さんのご支援を得てホットスポットファインダー購入
2 サポーターの皆さんから測定地のリクエストをお伺いし、こどもみらい測定所スタッフが測定(測定のご報告はサポーターの皆さん限定のアップデート等にて行ないます)
3 ワークショップ開催、東日本の空間線量マップの作成といった第2弾、第3弾のプロジェクトにつなげる
ぜひサポーターとなって「ここを測って欲しい」というご要望をお聞かせください。
詳細はこちら
----------
引用終わり


横須賀市も少なからず原発事故の影響により汚染されました。
事故から2年半近くが経ち、状況は変化していると思われます。
しかし、現在の線量(数値)がどうなっているかは測定してみないとわかりません。
そこで、このプロジェクトに協力して、横須賀市域の測定もしてもらいませんか?
この横須賀市域での測定に賛同する方をつのり、プロジェクトへの寄付金を集めたいと考えました。
ご寄付される金額はいくらでも構いません。
集まった金額によって、測定していただける範囲は変わります。



この案に賛同される方は、「子どもの未来を守ろう 横須賀」の口座に振込みいただけないでしょうか?

【受付口座】 口座名義:子どもの未来を守ろう横須賀
【ゆうちょから振り込む場合】
記号 番号:10260-42101991
【他銀行から振り込む場合】
銀行名:ゆうちょ銀行  店番:028 預金種目:普通 口座番号 4210199




振込みいただける方は saveyokosukachildアットgmail.com まで一言いただけると助かります。(アットを@に変更してください)
その際、横須賀市で測定してほしい場所の希望があればぜひお書きいただきたいのですが、ご希望が通るとは限りませんのでその点はご了承ください。

どうぞご協力よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

【神奈川県】「第2次神奈川県食育推進計画(素案)」について意見募集中

2012.12.27 14:13|情報紹介
神奈川県が「第2次神奈川県食育推進計画(素案)を公表し、2012年12月25日(火曜日) ~ 2013年1月24日(木曜日)まで、意見募集しています。

こちらのPDFの18頁に「食品中の放射性物質への対応を推進する取組み」が載っています。
以下抜粋。

食品中の放射性物質への対応を推進する取組み

○ 平成23 年3月に発生した原子力発電所の事故後、国は食品中の放射性物質の暫定規制値を設定し、原子力災害対策本部の決定に基づき、暫定規制値を越える食品が市場に流通しないよう出荷制限などの措置をとってきたところです。しかし、より一層、食の安全と安心を確保するために、長期的な観点から新たな基準値を設定し、平成24 年4月1日から施行しました。

○ 県では、食品中の放射性物質への対応を適切に実施するため、事故直後から「神奈川県食の安全・安心推進会議」に「食品の放射能作業部会」を設置し、県内で生産された出荷前の農林畜水産物及び県内に流通する食品について、計画的な放射性物質の検査を行い、検査結果を速やかにホームページ等で公表するなど、安全性の確保に取り組んでいます。

○ また、学校給食の安全・安心を確保する観点から、市町村と連携して、学校給食で使用する食材の放射性物質について、事前検査を実施しています。

○ 「足柄茶」は、放射性物質による被害のため、平成23 年6月に県内の一部地域で国から出荷制限指示を受けました。しかし、その後、現地での除染作業が功を奏し、次々と制限が解除され、平成24 年10 月には、県内すべての茶産地で飲用茶での出荷・販売が可能となりました。

○ 今後、販売に際してより一層安全性を確保するために、国から求められる検査を引き続き実施します。また、現地では、深刈等除染作業後の茶樹の樹勢回復や品質向上にむけた取組みを行っていきます。

高濃度セシウム含む「路傍の土」フライヤー

2012.11.15 10:54|情報紹介
高濃度セシウム含む「路傍の土」フライヤー(No!放射能 「東京連合こども守る会」さま作成)

雨や風によって寄せ集まった土や泥(「路傍の土))はセシウムがかなり高濃度になっています。
そのことをわかりやすく説明されたチラシです。
園長先生や学校の先生に渡すのにちょうどよいチラシです!

_1.jpg

_2.jpg



●●●●○ 高濃度セシウムに汚染された「路傍の土」情報 ○●●●●(No!放射能「東京連合こども守る会」)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。